株式市場


アドセンス広告

クレジットカードで株を買える時代は近い?!

  • 12 December 2018
  • のぶやん

楽天グループなどは、クレジットカードで楽天ポイントを得る事ができて、楽天ポイントを楽天証券の投資信託購入などに使う事ができます。楽天証券において楽天ポイントを消費して投資信託を購入すると、楽天市場の商品を購入する時にポイントが1倍追加されるというメリットもあります。

クレジットカードで株を買える時代は近い?!

クレジットカードで株を買える?

2018年に丸井グループがtumiki証券というゆるそうな証券会社を開設して、エポスカードと連動した商品販売を行っています。「つみたてNISA」対象投資信託の積み立てに特化された証券会社で、クレジットカードであるエポスカードから積み立てを行う事ができます。毎月の積立額は3000円から5万円となっています。

クレジットカードで直接株式を購入できる会社は2018年時点では存在していませんが、クレジットカードで投資信託を購入できる会社は既にあるようです。クレジットカードで株が買えるようになれば、株式手数料よりもクレジットカードのポイントが期待できますが、今のところクレジットカードは株式購入に使える証券会社はないですね。

日本株は既に高値圏で推移

2013年からのアベノミクスで日銀・年金基金が日本株に資金をつぎ込んだので、現在の日本株水準が『業績に比べると株価が高い企業』が目立つようになってきています。どんなに配当性向が高い企業であったとしても、高値で購入すると損をしてしまうので、株を購入する時には慎重になる必要があります。

例えば、個人株主に大人気となっているイオンは、約1000円×100株=10万円で買えたものが、いまでは 2000円以上×100株=20万円以上になっています。イオンの業績が凄く良くなっているという訳でもないので、イオンの株価はちょっと高くないかな?と思っている人が多くなっています。安い時に仕込むのが株式投資なので、高値になった株を掴むのは良い事ではありません。

カテゴリ: 

投資を行うのに必要な最小金額はいくら?投資は、誰でも行う事ができる

  • 25 November 2018
  • のぶやん

外国為替FXは、5万円あれば始まる事ができます。株式投資は、10万円ぐらいあれば開始する事ができます。投資の話をすると、多くの人が『株式投資なんてやらない』とネガティブな反応を示しますが、自分の支払う年金が勝手に株式市場に流入してる事については、何も言わないか、人によってはそんな事を知らない人もいます。

基本的には、年金、投資信託のように間接的に誰かにお金を任せる場合には、その分だけ自分に対するリターンが減少する方が良いと思った方が良いでしょう。年金などは、『払い損』と言われる通り、今の50歳以下は、70歳にならないと年金支給がないと言われています。

投資を行うのに必要な最小金額はいくら?投資は、誰でも行う事ができる

投資を知らないといけない時代

労働力でお金を得ようとしても、自分1人の労働力だけで金が稼げる時代ではなくなってきました。残念ながら、労働賃金は今後も上昇していく可能性が極めて低いです。中国では、大卒が年間600万人以上に達しており、ホワイトカラーが大量に就職せずに余っています。彼らと労働力で競うのは、本当に無理がある事であり、日本人正社員の給与は、今後も減少していく可能性が高いでしょう。

労働者は、労働力で稼ぐのではなくて、投資でも稼げるように考え方をシフトしていく必要があります。労働報酬が減少している分を投資の収益によってカヴァーしていかないと、生活がどんどん貧しくなってしまうからです。

投資を行わないのは時代遅れ

投資の正しい知識は、今の世の中を生きるうえでなくてはならない基礎的な知識になります。保険であったり、年金などの知識と同様に投資に関する知識を身に付けなくてはいけません。株式市場に自分のお金を投入するのは、保険を購入したり、年金を積み立てたりすることを直接的に行っているにすぎないからです。

『投資で絶対に勝とう』と意気込むのではなくて、貯金するお金があったら、投資に回して中・長期放置する事でお金を回収しようとする事が大切になります。

長期投資で放置が基本

素人が投資で勝つためには、とにかく余裕の資金で長期の放置しかありません。短期で売買を繰り返して勝ち続けられるほど、投資の市場はあまくない状況で、素人が短期売買を繰り返すと資金を減らす事になる事が多いです。とにかく5~10年ぐらいの長期間の保有を前提として株式を購入したりするのが基本です。

長期投資を行えば、配当を得たり、株式市場が上下しながら上昇していく事で最終的に勝つことができる可能性があるでしょう。何もせずに放置で金利(スワップポイント)であったり、株式の配当などをジワジワ得て待っているのが素人にとって最も良い方法です。

カテゴリ: 
タグ: 

クックパッドの株価が遂に400円割れる!株主が涙目( ;∀;)

  • 29 October 2018
  • のぶやん

クックパッドの株主は、業績に対して相当に厳しい見方をしているみたいです。今まで、ギリギリ400円を割れずに保ってきた株価ですが、いよいよ400円割れを引き起こしました。

インターネットの情報配信で、1つの情報提供に特化した程度のサイトだと、大きな時価総額を出すのが難しい時代になったと言えるのかもしれません。

クックパッドの株価

クックパッドの将来投資に対しても、株主の不安が掲示板などに書き込まれています。その多くが国内市場の競争激化をあげており、国内市場で競争に巻き込まれたら稼げないというものです。実際、楽天などが楽天ポイントと連動して「楽天レシピ」をジワジワと拡大させており、クックパッドの脅威となっています。

オレ的ゲーム速報JINさん、株の大暴落でマイナス7000万円に損失拡大

  • 29 October 2018
  • のぶやん

オレ的ゲーム速報JINさん、株の大暴落で(含み損を含めて)マイナス7000万円を記録しているそうです。前年に出たプラス4000万円を超えてきています。ただ、含み損なので確定しなければ、そのままホールドという事になります。

Youtubeのコメント欄に厳しい意見が多数寄せられており、『簡単に4000万も利益ポンと出たもんだから脳がヤク漬け状態になって 理性が効かなくなってもう自分では制御できない状態になってる』という意見、『良い機会なのでお止めになったほうがよろしいのかと存じます。ネガティブな精神状態で正しい判断など望めないからです』

カテゴリ: 
タグ: 

クックパッドの株価が大暴落!年初来最安値で投資家が悲鳴!

  • 11 August 2018
  • のぶやん

クックパッドの株価が1日で10%も下げて、年初来最安値を記録してヤバい事になっています。良い材料が見当たらず、売りが重なって暴落となっています。1年前に800円だった株価が400円まで下げて、1年間で半値になりました。

クックパッド
 

NAVERまとめでクックパッド掲載禁止

2013年5月頃にNAVERまとめで『クックパッドの利用禁止』が出て、クックパッドがNAVERまとめでほとんど利用できなくなりました。代わりに楽天レシピが楽天APIで公式に画像提供を行っており、NAVERまとめは楽天レシピで溢れかえっています。今から考えると、楽天の戦略は正しかったと言えるでしょう。

楽天は、NAVERまとめに楽天レシピの画像を提供するだけでなくて、楽天APIを使って一般にも広く楽天レシピの画像・情報を解放しています。そうすると費用コストはかかりますが、被リンクが膨大に増えるので、Googleから無視されてもアクセスがどんどん集まって、人が循環するようになるのです。コンテンツは、被リンクを増やしたものが勝ち残ります。

楽天レシピは、楽天商品の販売に繋げられる強みもあるので、主婦にサイトに来て貰って楽天ブランドを認知・活用して貰うだけでも大きな意味があるという楽天グループの強みがあります。

利用者が頭打ちになる

結局のところは、『インターネット(スマホを含む)を見ながら料理を作る』という主婦の大半が利用するようになれば、そのユーザー以外のところを開拓しないと利用者が頭打ちになってしまいます。新しい顧客が獲得できないと、似たようなサービスの競争になってしまいます。

経営体力があるうちに、クックパッド通販を始めて、会員になったら安く買えるなどの優待サービスを行っていけばいいのかもしれません。結局、情報以外の実態のある何かモノを販売しないとインターネット上でお金を回すことは難しいと思うからです。

クックパッドの将来性が不安

クックパッドは、料理レシピのプラットフォームの先行者ではありますが、楽天レシピの品数が増えてきたことにより、クックパッドの優位性が薄らいでいる事も事実です。コンテンツの競争が激しくなってくる中で、単に検索しやすい、ランキングが見れるという事だけだと、ユーザーの満足度がどんどん低下していきます。

楽天レシピに投稿すると、50ポイントという僅かなポイントが貰えるという特典が主婦に受けている事は確実です。僅か50ポイントではありますが、500円で作った食事で50ポイント貰えたら10分の1に相当して、主婦にとって「少しのお小遣い気分」にもなるでしょう。楽天レシピならお金を貰えるとなると、クックパッドに無料投稿する意味は大きく薄れます。

動画コンテンツに対する遅れ

今、クックパッドが陥っている問題は、動画を大量に出してくる競合サイトが出現してきたという事です。1分動画であれば、クックパッドのように面倒なレシピなしに、サクッと見てすぐに料理する事ができます。しかも、動画コンテンツは、会社が制作して出しているものなので、クックパッドのレシピのように品質のばらつきがありません。

クックパッドは、サイトの見た目も『昔のサイト』のようになってきており、先行きの不透明感を感じさせます。

カテゴリ: 

楽天の株価が暴落中。携帯電話事業の参入も評価されず、僅か1年で株価が半値に下落。

  • 25 April 2018
  • のぶやん

日本を代表するインターネット企業である楽天の株価が残念な事になっています。新しい成長戦略を描き出せず、古い携帯電話のインフラ事業に乗り出した結果、負債総額が増えるという事が投資家の懸念材料となって株価の下落に繋がっています。

楽天の株価

楽天市場の出店手数料は、Yahoo!が2013年に無料化した事により、楽天に対する圧力になっていました。楽天ポイントをばら撒く事で顧客を食い止めている状況ですが、それだけ楽天市場の利益率を落とす事になっています。

楽天市場のシステム老朽化、オンラインショッピングの競争激化などで、楽天にとって市場環境は厳しさを増すばかりです。金融事業などが収益の柱になり、三木谷社長はスポーツ事業に熱中するなど、本業で稼げないので迷走している所が投資家に見透かされているかのようです。

優待券の利回り3%ほど

楽天の優待券は、楽天トラベル2000円+楽天市場800円なので合計2800円になります。株価が770円×100株=77000円なので、個人投資家にとって意外と大事な優待利回り3%ほどになります。その他のスポーツ観戦チケットの優待価格などは、スポーツ観戦しない人にご縁はありません。

カテゴリ: 

グローバル大企業の支配で労働者の所得が大幅に低下!先進国の労働者が奴隷化している現実

  • 28 March 2018
  • のぶやん

ローマ時代に市民が没落していくと、その土地を買い占めた大地主が勢力を拡大していく事になります。今日においては、株式市場におけるM&A(買収)が活発化しており、ベンチャー企業が少し成長すると高値で買われる例が増えてきています。

貧困女子

大企業だけが拡大する社会

大企業が中小企業をどんどん飲みこんで拡大していく社会になってきています。グローバル企業が肥大化していき、アップルの時価総額がほとんどの国の国家予算より大きい約100兆円になっています。グローバル企業が国境をまたいで超企業化して国家をしのぐ影響力を持ち始めています。

アップル社1社だけでトヨタの数倍の時価総額を有する状況になっており、財閥を超えた超財閥を成していると言えるでしょう。これほど時価総額が巨大化すると、インターネット企業に限らず、金融分野などでも影響力を保有するようになってきます。そして、国籍に関係なく大企業に勤務する少数の社員だけが『市民』としての扱いを受けて、それ以外が奴隷に転落していく事になります。

世界中のスマホから手数料を徴収

アップル社、Google社などの株式がこれほど高値になる背景には、世界中のスマホ課金から税金のように3割もの利益を吸い上げるパワーがあるからです。世界中の誰もが持つようになったスマートフォンで、そのスマホに搭載される課金から3割のお金が徴収できる事は大きいのです。まさに世界の土地を保有する地主と化しています。

アップル社、Google社などがサービスに3割の課金を行う一方で、租税回避を使ってアップル社、Google社は税金をほとんど支払っていない事が問題になっています。これらの企業が税務回避を行い、タックスヘイブンに巨額の資金をプールしているという問題もあります。

楽天トラベルがホテル予約サイトの手数料を海底して値上げした時には、ホテル側が猛反発した事もあり、大地主の手数料の負担に多くの中小企業が苦しむ実態が報じられる事もあります。

消費者の疲弊と奪い合い

Google社が収益の柱の1つとしてきたウェブサイト広告ですが、ここにきて世界のウェブサイト数が減少しています。その1つの要因は、スマートフォンに企業の軸足がシフトしてるという事ですが、ウェブサイトで収益が得づらくなってきてる事も1つの要因でしょう。

日本で成功していた通信アプリであるLINEは、2017年後半から陰りが見え始めており、月間アクティブユーザー数が減少に転じています。フェイスブックの利用者数も減少している動きもあり、ユーザーの奪い合いが激しくなってきています。

2017年になると、仮想通貨が大ブレイクした事もあって、2018年以降に仮想通貨を使った形でウェブサービスが大きく変化していくのではないかとみられています。

初期の株を探して投資

日本の企業も調達した資金を使って成長企業の買収を行おうと必死になっていますが、ミクシィがチケットキャンプで問題を起こすなど、成長企業を買収するリスクがある事も分かっています。

ソフトバンクがアリババに20億円の出資をして数兆円に化けたように、どの大企業も初期の株を探して投資する事で大儲けしようとしています。ソフトバンクで言えば、借金をしてまで次々と企業買収を行って負債を膨らませて、今では15兆円も借金を抱える企業になっています。

楽天の株価が大失速中!1000円を割り込んで大幅下落中。携帯電話事業の参入に不安の声

  • 14 February 2018
  • のぶやん

楽天の株価が大失速しています。

楽天は、多額の負債を抱えているにも関わらず、第4の携帯事業者として名乗りを上げたばかりです。市場では、この第4の携帯事業者に名乗りを上げた事で、楽天の財務状況悪化を懸念しているとみられます。
 

楽天チャート

 


 

アマゾンに見劣りするサービス

日本国内で楽天のライバルとされるアマゾンが攻勢を強める中で、楽天市場の見劣りが指摘されるようになってきました。

アマゾンは、プライム会員に対するサービス拡充を行ったり、全国の倉庫を充実させて翌日配達などを強化してきたことが日本人ユーザーの拡大に繋がっています。

楽天の株価が低迷する理由は?

テスラ株などが人気になるところを見ても、投資家がリスクを負って2倍の株価を目指すより、将来の100倍銘柄を探している姿が浮かび上がります。

投資家の多くは、楽天の成長に対して懐疑的な見方を示している事が株価から分かります。新規参入する通信事業は、それほど利益を生むと思われていないようです。インターネットの会社である楽天がインフラ事業の携帯電話に参入するニュースも悪いニュースと受け止められています。


楽天の負債に対する不安

三木谷社長の説明では、楽天が日本国内に携帯電話事業者としての基地局の設置を勧める為に多額のお金を拠出するとしています。その費用総額は、6000億円を超えるとされており、楽天の手に負えるのかという投資家の不安もあります。

6000億円の多額の投資を行ったからと言って、楽天が今後、それだけの収益を回収できるかどうか分かりません。5年前にイー・モバイルを買収するなら1800億円で済んだという指摘もあり、今さら感が半端ない状況です。


カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事