インターネットの発達によって、情報が伝わるスピードは速くなっています。最近になって、Youtubeでも、Facebookでもライブ配信が行われるようになって、誰でも無料でライブ配信が行えるようになっています。

個人が情報発信する時代

個人がスマートフォンを使って情報発信する時代には、多くの人が1次情報としてリアルタイムの情報を伝えていくので、情報が高速で伝わっていきます。例えば、大雨が降っている地域の情報を報道カメラが撮影するのはその場にいないと難しいですが、現地の住民がスマートフォンで撮影したものをテレビ局が報じたりしています。

スマートフォンが出てきて以降、日本企業が今まで作っていた家電製品はほとんど利用されなくなりました。これと同じ事は、別の業界でも起こってこようとしています。

米グーグルの持ち株会社アルファベットが2017年1月26日発表した2016年10~12月期決算は、売上高が前年同期比22.2%増の260億6400万ドル(約2兆9900億円)、純利益が8.3%増の53億3300万ドル

C Channnelを見ていると、1分動画を大量に出していて、今までの日本企業がやらなかった凄まじいまでの取り組みに『さすがだな』と思わずにはいられません。しかし、C Channlの動画スタイルは、研究されてすぐに真似されていくでしょう。何故なら、1分動画というのは、やろうと思えば誰でも出来るものだからです。

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止