マーケティング


アドセンス広告

商品が大量かつ効率的に売れるように、市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝などの全過程にわたって行う企業活動の総称。市場活動。販売戦略。

コトラーのマーケティング4.0 スマートフォン時代の究極法則

期待していないからこそ生まれる感動がある!美味しかったビジネスホテルの朝食

  • 16 August 2016
  • のぶやん

青森県・青森市にあるハイパーホテルズパサージュは、今まで宿泊したホテルの中で、特に印象深いホテルの1つでした。全く期待していなかった朝食は素晴らしいもので、高級ホテル並みの品ぞろえ(60~70種類だそうで)に驚いて食べまくりました。そして、函館に行ってから、朝食が食べたいだけの為に予定もないのに更に1泊追加したのでした。高級ホテルでこのビュッフェ内容だったら、全く同じもので2000円するだろうなと思わせる内容で、4500円で宿泊すれば完全にもとがとれちゃうんですよね。



ごまかしがないストレート直球勝負

函館のロワジールホテル函館に宿泊した時の夕飯は、揚げ物ばかりで、客を誤魔化してビュッフェ形式で2000円もしました。更にドリンクが別会計と言うふざけた内容だったので、ぶち切れでした。お客を騙したり、誤魔化したりすると、様々なところを泊まり歩いている客にはすぐにばれちゃうのです。二度と宿泊したくないホテルもあれば、何度でもリピートしたいホテルというのもあって、何度でもリピートしたいホテルになる事が特に低価格のビジネスホテルに求められています。

それにしても青森市のハイパーホテルズパサージュは、朝食だけで元が取れてしまうと思わせるぐらいの朝食に力を入れていて、このようなホテルが市内にある事は、観光客にとっても大変に良い事でしょう。朝食が良いという事は、それぐらいホテルの評価に関わる事だと思います。

カテゴリ: 

全国で見ると供給過剰のホテル業界!需要が多いけど新規建設が相次ぎ激安化で加熱する競争

  • 16 August 2016
  • のぶやん

東京都のホテルを見ても、3000円で個室ホテルに宿泊できる北千住エリアのホテルアクセラなどもありますが、その他にも北千住エリアには、個室3000円のホテルが沢山あります。ホテルは、3000円以下の価格を設定するとアパートやマンションよりも安くなってしまいますので、これ以上は値段が下げられないという下限設定であるような気がします。例えば、1泊2500円になってしまうと、月額で75000円になってしまうので、都心のアパート・マンションに住むよりも、ホテルに滞在した方が良いという事になってしまうからです。

最近のビジネスホテルの競争は、全国的に激化してきており、その理由として新しいチェーン系のビジネスホテルがシティホテルの客を奪い取っているからです。例えば、東京にあるスーパーホテル東京・亀戸は、5000円~6000円で朝食付きというプランを提供しています。これを朝食1000円として考えると、快眠ホテルの個室が4000円~5000円という価格になるので、まさに『激安の宿泊』が可能になると言えるでしょう。1人で宿泊するホテルとしては、申し分ないといえます。

他に利用できるチェーン店としては、フレックステイイン白金などがあるフレックステイ系があります。長期滞在などをする場合にも利用できるようになっています。また、このフレックステイ系の特徴としては、直前割引が大きいという事が言えるでしょう。明日、明後日に宿泊したいという場合には、割引率が大きくなるので利用価値が高くなると考えることができます。

羽田空港周辺の価格帯で5000円

羽田空港周辺のアクセスが良いホテルも安くなっている。例えば、ホテル・ビジネスヴィラ大森などは、4000円~6000円本当に簡単なものですが、朝食付きで提供しています。こうした4000円~6000円ぐらいのビジネスホテルに慣れてしまった人たちが、果たして9000円もするホテルに宿泊する事があるのでしょうか?探してお部屋がなかった場合を除いては、9000円もするホテルに宿泊する気にはならないかもしれません。何故なら、3000円の違いがあれば、高級ホテルで昼食すら食べられてしまうからです。

田舎にあるけど宿泊すべき凄いホテル

全国には、田舎にあるけど頑張っているホテルと言うのが沢山あって、全国にその名前が知られているホテルもあります。青森市の市街地にあるハイパーホテルズパサージュは、ビジネスホテルであるにも関わらず、その朝食が60~70種類も出てくるという驚愕の朝食で全国的にも知られています。この朝食を目当てにしてこのホテルにリピートする人の多い事。私もその1人で、何度もリピートしているホテルです。

浜松にあるホテルのHOTEL day by dayが凄い事も有名です。ビジネスホテルとしては非常に珍しくフリードリンクを採用していて、コーヒー、100%ジュース、その他アルコールまでフリーで提供しています。浜松駅から少し歩く以外は、ほとんど完璧なホテルであると言われています。朝食は、パンの種類を増やして工夫する事によって、ボリュームを確保しています。多くのメニューが提供できない場合には、こうした工夫を重ねるという方法があり、満足度をどのように確保するか良く分かっていると思わせるホテルです。もし、朝食でメニューの量が増えると、毎日の作業量というものが膨大になって、仕入れ、準備の人員が相当なものになってしまいます。

安いというだけではなくて、他と何が違うのかと言う事を顧客・利用者は良く見ています。スーパーホテルの場合には、『寝られる事が重要だ』とビジネスマンが考えているので、とにかく寝られるようなものを重視して、他をカットするという『軸』をしっかりと定めた事が成功に繋がっています。軸がぶれていろいろやり始めると、顧客・利用者の満足度は上昇するどころか、逆に荒が目について低下してしまうのです。

アパホテルには絶対に宿泊しない

アパホテルに1度だけ宿泊した事がありますが、もう二度と宿泊する事はありません。部屋に宗教じみたアパホテルの創業者の本が置いてあり、それが非常に気分を悪くさせました。また、宿泊しただけで勝手にアパホテル会員にさせられて、個人情報の管理がどうなているのかも良く分かりません。確かにアパホテルは、安くて温泉設備が付いているようなホテルもありますが、部屋の中に不要な創業者が書いた本などを置いて客の気持ちを損なうようなホテルに泊まる必要はないでしょう。いらないものが置いてあるということは、それだけ顧客のことを考えていないということだからです。

天然温泉平和島は利用しない方がいい

天然温泉平和島は、入場料金が1800円+深夜料金1300円を支払えば滞在する事ができます。朝食が付いている場合がありますが、朝食と言っても卵焼き、ソーセージ、パン、ごはん、添加物で作られたスープぐらいの非常に簡単なもので、ビジネスホテルの最低ランクぐらいに考えておいた方が良いでしょう。1回宿泊すると、もう来ないかな、と思わせるのに十分で、やはりビジネスホテルの個室で落ち着いて良く眠るのが良いと思うのです。たとえ、お金が高くかかったとしても。フロントはタメ語でやる気がなさそうだったし、館内は古びて不衛生に見えたしね、、、若い人は誰も来ないでしょ。カタール航空の航空券に付いていたから無料で利用出来たけど、こんな設備だとカタール航空もイメージ悪化するからやめた方がいいんじゃないのかな。

温泉施設とかで寝るのは、よほどの事がない限りは避けた方がいいと思いました。フライトの時間があまりに遅いので、無料プランで初めて1泊してみたのですが、気分的には全く盛り上がりませんでした。設備は古いし、朝食は激マズだし、寝る所は大部屋で全く落ち着かないし、風呂は何か不衛生な感じがするし、、、清潔感がある新しいスーパー銭湯に慣れているせいだろうか、古びた天然温泉平和島が古びて感じました。改装してもっと日本風に仕上げた方がいいと思った。経営者のグダグダ感が全体に漂っていて、もう二度と利用しないと誓わせるレベルだった。今は、多くの人が消費にシビアになっているので、甘い考えでは経営できない。

天然温泉を語る時には、似たような値段だけど中身が全然違っているという事も珍しくない。例えば、愉快爽快なんかは優れたサービスを提供していると思うが、王様の温泉なんて不衛生な設備を提供していて飯も不味い。同じように温泉設備を提供していたとしても、良いお店と悪いお店の差は歴然としている。

カテゴリ: 

スターバックスが『単に高いだけ』だから絶対に避ける!添加物だらけのスタバがヤバい

  • 15 August 2016
  • のぶやん

今どき、センスがある人はスターバックスなど行かないでしょう。

先ず、インスタとかにスタバの写真をアップロードしているだけで、『あー、この人は痛い人だな』と思ってしまいます。カフェが1杯300円もするのに、提供されるサービスの質・そしてコーヒーが美味しいとは思えないからです。

水みたいな不味いコーヒー300円

フランスのエスプレッソを飲み慣れた私にとっては、スターバックスで提供されるコーヒーと言うのは、「まるで水」に感じてしまいます。更に言えば、セブン・イレブンで使っているコーヒー豆がスターバックスと同じものという疑惑があります。コーヒー屋さんで出されるコーヒーは、セブン・イレブンのコーヒーの3倍の価格で売られているのです。その料金はスタバの固い椅子の席代なのでしょうか。

添加物たっぷりのスィーツ

スターバックスは、スィーツやサンドイッチに対して、添加物を全く考慮せずに使っている事が明らかになっています。スターバックスでスィーツを購入する際には、必ず添加物の欄を見てみると良いでしょう。信じられないほど多くの添加物を添加しているのです。添加物を減らそうと進化を遂げてきたコンビニのサンドウィッチよりも明らかに不健康です。

店舗が増えすぎて大衆化

スターバックスは、日本にオープンした当初は珍しくて、スターバックスで働くことがステータスのように言われた時代もありました。今では、日本全国に1000店舗、都内だけで300店舗もあるという巨大チェーン店に成長しており、全く珍しくなくなりました。

電源・コンセントは、スターバックスならどの店舗でも揃っているということでしたが、実際に電源が使える席が限られていて、パソコンを長時間やれるお店の作りではありませんでした。そういう意味では、楽天カフェは良かったけど、1時間という制限が加えられてから、つまらなくなって行かなくなりました。

カテゴリ: 
おすすめ: 

金銭感覚が完全に麻痺しているSNS女性たち!ばびろん松子の詐欺事件

  • 15 August 2016
  • のぶやん

SNSで『まるで富裕層』のような生活をしている人の中には、自分の収入と支出が乖離している女性がいます。両親がそれなりの稼ぎがあったり、芸能界に憧れを持っている人が多いのが特徴です。

収入の2倍以上の支出がある

例えば、非正規雇用の社員で月収が15万未満で生活がギリギリであるにも関わらず、高額のブランド品を身に付けてSNSで自慢していたり、1食で1万5千円~3万円もするような高級料理店に入り浸っているような場合には、注意が必要になります。

バビロン松子の偽ブランド事件

バビロン松子としてツィッターで人気を集めていた女性(松永かなえ容疑者と同一人物)が偽ブランドの販売容疑で逮捕されました。インターネットでゴージャス生活を謳歌している様子を投稿していましたが、実際の姿は『夜の娼婦』だったという事です。カルティエのブレスレットの偽物をネットオークションで本物と偽り、京都府の主婦に対し約65万円で販売していた事で警察から逮捕されたというのです。

ばびろんまつこは、そのキラキラしたツイートで知られた人物。ブランド品や海外旅行、高級マンションに高級料亭などを誇示し、わかりやすいセレブツイートを連発しては多くの人からの支持を集め、キラキラ系には憧れの存在となっていた。



年収1500万円を超えてくるあたりからは、自分の身近に年収が低い男性がいなくなると豪語していました。確かに夜の娼婦として、年収1500万円以上を稼ぎたしていたようです。夜の娼婦を始めて生活ぶりが良くなったのは、2014年頃からだそうです。

その後のツィートで『妹と今までしたいちばん悪いこと暴露大会をしていたら、妹からそれは生涯口外せず墓場まで持って行った方がいいと言われました。』とツィートしており、妹に対して詐欺をやっている事を話していたという事をほのめかしています。



300円のカフェスタンドに偽物のヴァンクリを置いて、それでセレブ気取りだったという事です。




インターネット美女の実態

ばびろんまつこは、SNSでゴージャス生活を披露していましたが、その実態は、インターネットでゴージャス生活を過ごしていたという事です。
 

カテゴリ: 

人間を観察するだけでは、人間の本質は見えてこない

  • 18 June 2016
  • のぶやん

カフェとかで、『人間観察が好き』という人がいますが、外見に人が出るというのは確かなんですけど、それだけで相手を見抜けるかと言ったら、それは難しいでしょう。例えば、ワタミの社長なんて、人間的に見たらとても素敵な人物には見えませんが、ワタミの社長を続けた上に、国会議員をやっています。こういう人が『世渡り上手』と言えば、そういうことなんでしょう。

ワタミの社長などは、今までの人生を印象によって操作してきた好例の人物と言えるでしょう。いわゆる『世渡り上手』の人間ですが、本質は他人が自殺しても何とも思わない冷淡さを持った人間でもあります。一方で、ビジネスの情熱があって、ワタミを成功させた事は一定の評価があります。国会議員としての実績は全くありません。

人間の印象が操作される例

身長が高い事によって、賢く見えるとか、ファッションセンスが良い事によって優れて見えるというのは確かにあります。また、その人がいる場所がどこであるかという事によっても、印象というのが大きく変化してきます。例えば、写真を撮影する場所が、渋谷であるのか、国会前であるのかによって、印象が大きく変化するということです。

自分の印象が周囲からどう見られているか気にする事は大変に重要ですが、そればかりを気にしないで生きる事も大事です。相手を印象だけで判断すると、その後に損をする事があるので、じっくりと見極める必要があります。社長にヘコヘコしていたら、意思決定者が社長ではなかったという具合に。

印象だけで決めると損をする

操作された印象だけで相手を決めてしまうと、友人関係であったり、人間関係で損をする事になります。例えば、相手がおしゃべりだから、勝手に仲良くなってビジネスパートナーになるという事は、相手を印象だけで決めてしまっているので危険です。ただし、自分の中に一定の基準があって、お酒を飲む相手は危険と考えたり、ギャンブルをやる人間は信頼できないと考えるのであれば、それは自分が感じる印象として、経験値から得られる正しい印象という可能性があるでしょう。

相手を印象だけで判断せず、会話でも判断せず、相手の行動だけに注目すると判断を間違わずに済む事が多いです。注目すべきは、相手が何を話しているかという事ではなくて、日頃からどういった行動をとっているかという事に絞って注目するという事です。

相手に格下だと思われた方が良い

相手になめられないようにする事が大事だと言いますが、時として『なめられた方が相手の本質が分かる』という事があります。こちらの地位などが相手に分からないで、相手が自分を判断できるかどうかというのは、相手の能力を見る上で非常に重要になってくるからです。相手は、自分を見抜く能力があるかを試してみるのが良いでしょう。

多くの場合には、地位のある人にばかりヘコヘコして、地位がない人に横暴な態度を取る人というのは、それだけで周囲の信頼を失うものです。そうした態度を取る人を見極める事で、『付き合う必要がない人物』をフィルタリングする事ができるようになります。相手に自分を格下だと思わせる事によって、相手の本質が見えてくる事があります。

逃げ足だけが誰よりも早い

逃げるのが上手というのはとても大切ですが、逃げるには、じっくりと戦況を観察したうえで、決定を行う必要があります。自分が状況を読める自信がなければ、周囲で状況が読めていそうな人の真似をすれば、うまく逃げられる可能性があります。状況を読めている人が特定のコミュニティから逃げ出す時には、一緒になっていち早く逃げ出す事が大切です。

周囲に『この人は逃げ足が速いなー』と思う人がいたら、世渡り上手なのかもしれません。逆に、いつまでたっても同じ場所に留まるような人というのは、ちょっと不器用なのかもしれない。

世渡り上手な人を見習おう

相手をおだてたり、人によって態度を変える人は、世渡り上手と言えるでしょう。誰かに対して大声で怒るような人は論外で、縁を切った方が良い無用な人物です。世渡り上手な人は、その場、その場で臨機応変に対応していきますが、その方法は常識よりも上をいっています。それは、生存能力が高い事を示してはいますが、周囲に誤解されたりする嘘をついて逃れようとした場合などには、逆に信頼を失うことになりかねません。その場の思い付きで逃げるのは、長期的に良いとは限りませんからね。

世渡り上手なじょsいというのは、気遣い、気配りなどがききますが、そこに雑な部分が見えるので、『雑な人間関係の付き合い』になりがちです。だから、本当に友達同士の付き合いができなかったり、異性と付き合うのを苦手にしている事も多いです。

自分の事を良くはなしているようで話してくれない

世渡り上手の女性に多いのですが、『自分の事を沢山話している』ように相手に感じさせるのですが、重要なところについて全く語ってくれていないという事もあります。キャバ嬢などに良く見られるのは、相手の話を良く聞いて、たわいもない話に合わせてくれますが、相手の事は何も知らないという事も多いです。相手にいかに好感を持って貰うかを考えていて、まるでそれを職業にしているかのようです。

少しだけ会話して相手を見抜く基準

自分の中で相手を見抜く基準をあらかじめ決めておくと簡単です。例えば、私の場合には『ビジネスをする人間で大酒のみは少ない』という基準があるので、やたらと酒を飲むような人とは付き合わないようにしています。酒を飲む人間というのは、将来の健康を害したり、ビジネスの時間が不規則になったりする可能性があり、大酒のみする優秀なビジネスマンを私は見たことがありません。このような基準から、大酒飲みというだけでビジネスを一緒にしない基準となりえます。人によってその基準は異なるでしょうが、酒飲み、ギャンブルには気を付けた方が良いでしょう。

逆に酒をほとんど口にせず、タバコも吸わない人であれば、それだけで機会損失が少ないと判断できるので、良く付き合える人間として選定するには十分な理由があるでしょう。結婚できない女性がいますけど、酒を飲んだり、タバコを吸ったりする彼氏が過去にいる場合が多いので、そういう女性を極力避ける事で、良い人生を過ごせる可能性を高める事ができます。

お酒を飲む人は肝臓を壊す

タバコ、お酒というのは大きなリスク要因になります。若いうちには、お酒、タバコも悪くないですが、年を取ってくるにしたがって、そういったものが体に大きく影響してくることになります。年齢を重ねるにしたがって、タバコによる『歯周病のリスク』というのが飛躍的に高まって口が臭くなりますし、お酒による肝臓病のリスクが飛躍的に高まります。アルコールを飲んで陽気になったようなところに惚れたりする女性がいるとすれば、その女性に近寄るのもやめた方が良いでしょう。

お酒、タバコをやらない人という、それだけで、男性としての点数が非常に高くつけることができます。また、真面目に働いてそこそこの収入を得ていたら、更に高い点数を付けられます。高身長であれば、より高い点数になり、イケメンであったら言い寄られる事が増えます。暴力的でない落ち着いた男性であれば、更に高い点数になるでしょう。

カテゴリ: 

サラリーマンが労働資本だけで生きていく限界。女子アナの33歳限界説に見る労働価値

  • 12 June 2016
  • のぶやん

将棋の棋士は、既にコンピューターが対等に戦えるようになっており、単に『強さ』だけを見たら将棋の棋士よりも、コンピューターの方が強い可能性が出てきました。しかし、それでも将棋が健在なのは、将棋の棋士自体のタレント性があったり、コンピューターが思いつかないような手が棋士によって考え出されるという奥の深さがあるからでしょう。

コンピューターは、打った手に対して独自の面白い解説をしてくれる訳でもなくて、将棋を打つ時に表情を変えるわけでもありません。ゲームというのは、単に強ければ良いというものではなくて、エンタメ性が求められていて、そのエンタメ性こそコンピューターには絶対に出せない『人間らしさ』として多くの人に共感を得られています。例えば、ソーシャルゲームであったり、ゲーム実況なども、この人間らしさが前面に出ています。

温泉に入る女子アナ

消費されるだけの女子アナ

女子アナは、テレビ局の社員としてテレビに出演してチヤホヤされていますが、実際の給料と言うのは月収30万円~60万円という金額で、普通のサラリーマンと変わりません。変わる所と言えば、福利厚生で会社の近くの建物に住める(地震などが来た時に会社にすぐに行けるようにするため)ぐらいのもので、その他の福利厚生は普通のサラリーマンよりも少し良い程度です。その女子アナは、インターネット放送が多くなってくるなかで、ますます競争が激化してきています。

キー局と言われる大手TV局の女子アナであれば、全国放送で有名になってフリーとしての活躍の道も残されていますが、地方局のアナウンサーレベルでは、将来に大きな不安が残ってしまいます。地方局のアナウンサーがやっている事は、地元に密着した放送が多くて、『華やかさ』があるのかないのか分からないようなものが多いです。しかも、給料は目立つ割に薄給であり、多くの地方アナウンサーは、中央に出てきてフリーになって(セントフォースなどに所属)アナウンサーとして活躍したいと思っています。

女子アナになりたい人の数は多いので、女子アナで居続ける為には、私生活のかなりの部分を犠牲にして仕事に取り組まなければいけません。しかし、貰える給料はサラリーマンと同じなので、画面に出ると華やかなのに生活が質素というギャップが生まれてしまいます。唯一のチャンスと言えば、カネを持った男性と番組で一緒になって結婚するぐらいでしょう。

ほとんどの会社員の主張は間違っている

会社員の多くが定時に出社をして、定時に退社して、それで毎月一定の給料を振り込まれる事で生活しています。しかしながら、会社の資本を増やす事に集中していると、自分の資本というのが全く増えないので、資本主義の中でどんどん負け組になっていってしまいます。自分の労働力を会社に提供して、会社の資本がどんどん増えていきますが、自分の資本が増える事はありません。確かに労働者の『技術力』という点で増える可能性はありますが、その分だけ『加齢による労働資本の低下』を引き起こすので、35~45歳をピークにして、労働資本は大幅に低下を引き起こして、労働者が非常に悪い立場に立たされる事が予想できます。

こうした事を防ぐには、少なくても良いので、自分の資本を持ちながら、それを時代にあわせて増やしていく事が求められています。しかしながら、そんな簡単に資本を保有する事が実現できる訳ではありませんが、『他の人と差別化』する事で、資本を保有する可能性を高める事ができます。『他人と差別化』するのにサラリーマンを長く続けている事はマイナスにしかなりません。サラリーマンというものは、他人が出来る仕事がほとんどだからです。

資本をいかに保有するかの勝負

資本主義社会で資本を保有する事が勝負になってきています。しかも、変化に強い資本を持っていないと、すぐに淘汰されてしまいます。楽天市場は、店舗から『出店料』を徴収するう事をビジネスの柱にしてきましたが、それをYahoo!ショッピングが完全に無料化する事で突き崩しました。今では、『出店料が無料』というのが当たり前になってきています。同じ事は、ニコニコ動画にも言えて、『課金システム』でスムーズに見えますというボロ儲けのシステムは、Youtubeが高品質で大量の動画を出すので、メリットが非常に薄くなってきています。

今は、Youtubeを保有するGoogle社のように大量のHDを抱える事が出来る会社というのは少ないので、まともに動画のアップロードできるサイトが日本国内でYoutubeやDailymotionぐらいしか見当たらないのですが、HDが毎年のように巨大化してくると、動画を自分のサーバーにアップロードするのも容易になってくる可能性が強いと考えます。それは、動画をYoutubeだけが保有するという独占のスタイルを崩していき、例えば『HIKAKIN TV』というものが独立していく可能性を示しているでしょう。

資本を保有するというのはどういう事か

従来の会社であれば、会社が作ったプラットフォームの上に社員が乗っかるというシステムが主流でした。例えば、『テレビ局が女子アナを雇用して、それを番組に出演させる』という事は、女子アナは労働資本以外を保有する事ができず、女子アナが30歳を過ぎてテレビ画面に出られなくなれば、彼女たちがほとんど社内失業状態になる事を意味しています。もっと活躍できる方法として、女子アナがYoutuberのように自分たちで営業活動も同時に行う事ができれば、自由度が高くなる事になります。この状態は、『チャンネル』というプラットフォームの上に乗っかった状態ながら、その上で『分配を受ける権利』という資本を保有した状態という事も出来ます。

本当は資本を保有するというのは、何らかの収益プラットフォーム自体の構築が出来ればよいのですが、それは難しい事です。ただ、動画チャンネルを分散する事により、その資源を1つの会社に集めてしまえば、その会社価値として資本に置き換える事ができます。

株式のリターンと労働収益

中国などで『高度成長』と言われる成長は、年率10%ぐらいで成長していく経済です。一般的には、先進国の経済と言うのは伸びが少ないとされていて、1%~3%ぐらいの伸びが普通でしょう。株式リターンで言えば、企業が儲けた金額の何%を株主に還元するか(配当性向)が非常に重要で、投資に対するリターンが決まります。株に出資するという事は、基本的に資本出資して『誰かを働かせる』という状態です。逆に言えば、株を保有しなければ、他者を労働させる事が出来ないので豊かにはなれないという事です。

Google社がYoutubeで配分している収益と言うのは、Google社というプラットフォーム上に乗ったYoutubeという収益プラットフォーム上での分配になるので、Google社の1つのサービスという事で常にサービス停止のリスクを伴います。株主であれば、1つのサービスが停止されても収益を確保できますが、Youtuberというのは、Youtubeというサービスが停止されると収益を失うという事で、株式を購入するより弱い立場になります。この会社の上にある収益性資産については、いつサービスを終了するのか?という事が非常に重要ですが、この『不安定要素』が経済指標などでは計算できないところです。

こうした収益というのは、株式ほど換金性も発展していない(流動性が低い)事を考えると、誰かに売却するにしても短期収益(1~2年)を見ての売却になるでしょう。実際にウェブサイトの売買サイトというのでウェブサイトの価値を算出すると、1~2年で得られる収益で価格が決まっているようです。ただし、商品販売サイトのように『商品ではなくてブランドに価値がある』という場合には、

毎月の収益を得られるYoutuber

Youtuberというのは、株式の資本より弱い立場にありますが、Youtubeの動画がお金を生み出す以上は、『収益性資産』である事に間違いありません。その収益というのは、微々たるものなんですけど、100万円投資してリターンが年に3%=3万円という事を考えると、1日100円の収益を生み出すYoutubeの動画というのは、100万円の価値を持つ可能性があるという事になります。配当利回り3%の高配当銘柄があるとすれば、「72÷3」の24年で2倍になるので、24年間保有しないと3%の収益資産というのは元が取れないという事になってしまいます。時間と言うものは有限なので、収益率を上げなければ、資本を無駄な投下してしまうという事になります。

日本においては、既に男性・女性共に平均寿命が80歳を超えています。60歳を超えて働けない状況(労働資産価値が60歳以上になると一般的にゼロになるので、年金権利を含んだ資本に依存するしかない状況になる)になって、長期的に収益を生み出す企業に投資していくというのは、とても難しい事です。60歳の人が月額10万円の年金を受け取るとすると、年間120万円=1億2千万円の1%、6000万円の2%という数字で、これが1人の高齢者を養っていくのに必要な金額です。

資本家・・・・・資本を会社に投下して労働者を働かせる
労働者・・・・・会社のプラットフォーム上で労働。35歳以上の転職は厳しい。
Youtuber・・・会社の1つのサービス上で収益を受け取ると同時に会社資本を僅かに保有

Youtuberの多くは、全く資産にならないような動画をアップロードしているボランティアのような人たちです。Youtubeを保有するGoogle社がそれでぼろ儲けしているかと言えば、実際にはアップロードされるHDのコストも考えないといけないので、搾取しているとまでは言えないでしょう。実際にYoutube自体はずっと赤字でしたが、Google社は赤字を出しながらもYoutubeを維持してきました。通常はこれだけ大きな赤字(数百億円)を毎年のように出し続ける事は不可能なのですが、Google社だからこそできたことです。結果として、動画の時代は到来して、Youtubeはどんどんアクセス数を伸ばしてテレビからYoutubeの時代になろうとしています。

人件費をかけない業界が利益率が高い

プラットフォームとして利益率を上げる為には、人件費をいかに安く抑えるかという事が非常に重要になります。その最たる例がコンビニと言えるでしょう。コンビニが大成功している背景には、『フランチャイズビジネス』というブラックすぎる労働形態があります。これは、フランチャイズ『店舗をお前に任せるから』という事で期待を胸に店舗を開店する訳ですけど、実際にはオーナーというのは名ばかりで、『アルバイトをした方が稼げる』というほどに過酷な労働を強いられるというのです。オーナーが頑張って働くからこそ、コンビニ24時間の労働形態は成立しているという事で、それはオーナーの犠牲の上に成立するという事が良く分かります。

コンビニオーナーの最大の欠点は、店舗の全責任を持つ(=全責任を押し付けられる)という事に在ります。コンビニビジネスというのは、オーナーからの搾取で成立しているという事です。コンビニオーナーの最大の問題点としては、『借金を抱えるなどして簡単にやめられない』という事です。コンビニチェーンのオーナーと言う立場は、本部からノウハウを与えて貰う事になるので、『誰でもできる』ビジネスです。誰でもできるビジネスという事は、その分だけ誰かに搾取されるという事を良く示しているでしょう。

ノウハウを誰かがタダでくれない

コンビニの場合には、本部が凄い利益を上げているのです。GoogleがYoutubeであまり儲かっていないところを見ると分かる通り、本部が儲かっているビジネスというのは、どこからか搾取しているのです。コンビニというのは、24時間オープンしていると誰かが店頭に立っていないといけないにも関わらず儲かっているのは、本部がオーナーをタダ働きさせて成立している業界と言えるでしょう。コンビニチェーンは、オーナーにほとんど無料でノウハウを提供しますが、その代わりにタダで働いて下さいという事なのです。

何らかのノウハウを開発するというのは、大変な事です。ソフトウェアの開発会社だって、ソフトの請け負いをやりながら何年もかけて自社で売れる商品の開発まで至る事が多いです。最初から『ノウハウを貰って頑張れば稼げるようになる』というのは、一国一城のオーナーでも何でもなくて、単なる社員という事ができるでしょう。

カテゴリ: 

楽天市場を猛追するアマゾンとYahoo!ショッピング

  • 6 June 2016
  • のぶやん

以前であれば、何でも楽天で買っていたのですが、アマゾンが『アマゾンプライム』で送料無料のサービスが便利に使えて、ヤマト運輸で翌日に到着するという『配送の簡易さ・便利さ』からアマゾンを中心に使うようになってきました。そもそも、価格どっとコムなどを調査しても、定番の家電製品などであれば、倉庫に大量に保管されているアマゾンがランキングの上位に表示されている事が多くて、『安さ』から見てもアマゾンが良い事が多かったのです。

安い商品が探せない楽天市場

楽天市場は、4万店舗が出店していて、確かに特徴ある商品が大量に用意されているのですが、何と言っても安い商品を探すのにかなり時間がかかってしまいます。まるで、旅行に行く時に良いホテルを探すような感覚で、かなり時間をかけないと『安い商品』にたどり着かない仕組みになっています。アマゾンのように1つの商品について最安値を提示している場所を表示してくれるシステムではないのです。この点、アマゾンだったら『商品ごとにカテゴライズされている』ところが非常に便利です。その分だけ、説明とかはないですけど。

それでもアマゾンで全部の注文を行わないのは、楽天市場で買い物をすると、楽天カードなどのポイントが貯まっていて、楽天で買いものができるというのが大きいでしょう。また、楽天アフィリエイトで稼いだポイントを楽天市場で利用できるという事は、ホームページをやっているアフィリエイターにとっては、楽天市場が外せないポイントになっています。楽天アフィリエイトがなかったら、楽天市場で買物をするのかどうかと問われたら、それは分からないです。

楽天トラベルがとても便利

楽天トラベルは、楽天市場よりも便利だと思います。ホテルの検索なども容易に出来ますし、出店しているホテルが国内最大規模と言われていて、ほとんどのホテルを楽天トラベルで見つける事ができます。また、国内航空券(ツアー)、海外航空券、海外ホテルも予約できて、国内航空券、海外航空券などでは、楽天ポイントを利用する事もできるからです。楽天トラベルは、私もいつも積極的に利用していますが、特に宿の安いプランなどを探しやすいというのも楽天トラベルを利用する理由になっています。

注意しなければいけないのは、楽天トラベルで予約するのが最安値であるとは限らないという点です。日本旅行などもオンラインを強化していて、最近ではホテルも日本旅行で予約した方が安いという事も多くなってきています。楽天トラベルの掲載数は確かに多いですが、海外ホテルでは提携先のbooking.comを利用しているなどの特徴も押さえた上で利用するのが良いでしょう。

カテゴリ: 
おすすめ: 
1
東京ドームホテル
レビュー(9988)
料金:5,600円~
2
サンルートプラザ東京
レビュー(8658)
料金:2,750円~
3
ホテル グランパシフィック LE DAIBA(7月1日より「グランドニッコー東京 台場」)
レビュー(7086)
料金:6,000円~
 
4
オリエンタルホテル東京ベイ
レビュー(6799)
料金:3,000円~
 
5
ニューオータニイン東京
レビュー(6727)
料金:3,700円~
 
6
東武ホテルレバント東京
レビュー(5366)
料金:4,500円~
 
7
メルキュールホテル銀座東京
レビュー(3261)
料金:8,730円~
 
8
ホテルイースト21東京(オークラホテルズ&リゾーツ)
レビュー(3233)
料金:3,550円~

 

好きだから続けられる事が大事だと、アフィリエイトのサイトを読んで思った。

  • 3 June 2016
  • のぶやん

アフィリエイトのサイトというのは、結局のところは営業行為に他ならない。優秀な販売員として、アフィリエイトのサイトを構築して、それを大量に作れば、うまくいけば100万円も稼ぐことが出来るという事は事実です。まあ、まあの人であったとしても、頑張って50万円ぐらいまで行く人は多いのです。問題となるのは、新しいサイトを大量に作らないと、作ったサイトが売り上げをあげられなくなって、すぐに収入が落ちていってしまうという事でしょう。世の中のコンテンツをは増え続けているので、それに対抗してどんどんコンテンツを出していかないと、売り上げが下がっていくのです。

一時的に30万~50万円稼ぐのは難しくない

頑張ってサイトを更新しまくれば、イケダハヤトではなくても、30~50万円稼ぐことはできるようになります。もう必死でやれば、半年ぐらいで30~50万円ほど稼ぐ事ができるようになります。しかし、問題はその先に待っている訳です。その生活を続けていたとしても、なかなか売り上げが伸びないのに、やり続けるかどうかという事です。こうなってくると、もう趣味と一緒で『好きだから続けているんだ』と自分に言い聞かせてやっていくしかないかもしれない。

Youtuberとか見ていても、顔を出して頑張ってやっているのに、私の1つのチャンネルよりもView数が少ない人も結構います。2014年から毎日のように配信しても、その内容がつまらないから誰も見てないのです。やり方を変えればいいのにとアドバイスしたくなるけど、彼は自分のやり方じゃないと続けられないでしょうし、そのやり方ではヒットしない。つまり、それが限界という事です。

以下、ある方のアフィリエイターブログを見て、やっぱり好きな人じゃないと続けられないんだなーと思う訳です。

こちらのブログの筆者の2012年の収入は、1ヶ月40万円ぐらいで、まずまずで、2012年の年収400万円。アフィリエイターとしては優秀です。


これがこのブログの2014年になrと、1ヶ月PCで2万円、スマホで6万円で年収90万円!という恐ろしい数字になっています。


このブログでは、『報酬を得るには自分が売りたい広告を探す必要があるんだけど、「売りたいと思える商品がなかなかない。売るためにはウソをつかないといけない」この事実が辛かった。』と書かれてあります。

アフィリエイターは、基本的にインターネットの優秀な販売員なので、商店側からすると、売れた分だけ報酬を渡せばいいので気軽に依頼できるのです。言い換えれば、販売員としてやっている限りは、そこから成長していく事は難しいと言えると思います。だから、アフィリエイトで商品だけを販売してやっていくというのは、どうしても辛くなっていくのだと思います。TVなどでは、テレビショッピングというものはありますが、基本的にはコンテンツと広告の分離が行われているのもその為でしょう。

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事