生活のネタ


アドセンス広告

自己顕示欲が強すぎる人と会話を続けることが難しい理由

  • 16 December 2018
  • のぶやん

自己顕示欲が強い事は、悪い事ではない場合もありますが、それが強すぎるとマイナスになる事もあります。自己顕示欲が強すぎると、周囲が常に持ちあげないと本人が満足しないので、周囲が疲れ果ててしまうのです。

自己顕示欲が強すぎる人と会話を続けることが難しい理由

2人でいてもつまらない

自己顕示欲が強すぎる人と2人でいたとしても、周囲に注目されないとつまらない顔をする傾向があります。一緒にいる人が引き立て役になったり、おだて役にならないといけないので、一緒にいても全く面白くありません。また、社交的ではありながら、面白いネタを持っている訳でもない事が多くて、会話が長続きせずにつまらない傾向があります。

自己顕示欲の強い人の話を周囲が聞いてあげて、『凄いね、あなたはスゴイ』と褒めてあげないと不機嫌になったりします。周囲は、褒める事に疲れてしまうのです。自己顕示欲の人に『会話が上手な人』というのは少数なので、会話が行き止まりになって、つまらない会話になってしまいます。そうすると、友達が一緒にいようという気持ちにならなくなってしまいます。

自分がチヤホヤされないと機嫌が悪くなり、友達・彼氏などは非常に大変な思いをします。長期的には、人がどんどん離れていく原因になってしまいます。

誰よりも優位に立ちたい

自己開示欲が強い人は、他の人よりも優位に立ちたいと思っている場合があり、何でも人と競争しようとします。赤の他人と競争しようというのなら、気持ちも分からなくもないですが、彼氏・彼女とまで競争をし始めて、『私の方が成績がいい』とか『私の方が稼いでいる』とか、挙句の果てに相手を見下したような発言を行う事があります。恋愛において自己顕示欲が強すぎる女性と付き合った場合には、男性よりも優位に立ちたいために言葉で攻撃して、別れる要因となる事があります。

それぞれの人が違って当然なので、比べられるものではありません。例えば、学歴が高いと言っても、それが賢いと同意でない事は誰でも知っている事です。自己顕示欲が強すぎると、自分が他社より優位に立ちたいという事で、自分よがりの考え方になってしまいます。誰かをけなしたところで、自分の実力が高まる訳ではありません。

本当は自分に自信がない

何らかのコンプレックスを抱えて自分に自信がない事が自己顕示欲に繋がっている場合が多いです。幼少期に自分が親から注目されなかったり、逆に注目されすぎたりなど、幼少期の教育に問題がある事が多いです。自信がありげな自分を演じる事で、コンプレックスを解消しようとしているのです。

両親に認められる事がなくて、否定されてばかりだと、『もっと他人に評価されたい』という欲求が起こってきて、自己顕示欲に繋がっています。他人に評価されたいという欲求は、自分を過大に見せたくなったり、自分が優位だと思い込みたいために周囲の人を攻撃したりします。

話を良く盛っている

話を盛るというのは、ビジネスのシーンにおいても多用されます。ただし、自分の状況とかけ離れて話を盛りすぎていると、「嘘つき呼ばわり」されて、信用を失う可能性もあります。単に話を盛るだけではなくて、行き過ぎると虚言癖になります。自分の都合の良いように話を盛りつけて話して、なかったことまで事実のように話してしまうという事です。

虚言癖になって、嘘を日常的につくようになると、友達も離れていって孤独になってしまいます。誰にも相手にされなくなるので、本当にヤバい状況に陥ります。

他社から悪い評価を受ける事が多い

自分の自身のなさから自慢話をしたり、自分の自信のなさから他人をけなしたりすることが多くなるので、周囲の人からの評価は低くなる傾向があります。特に他人を下げたりする行為は、友人関係を極めて悪いものにしてしまいます。本人にそのつもりがなかったとしても、友人から悪く思われて、距離を置かれる事が多くなってしまいます。

自分の好きなものなどが良く見えておらず、他人からの評価を気にして動くことが多いとされています。特に日本では、集団教育の結果から自己顕示欲が強すぎる人を嫌う傾向があります。

自己顕示欲が良い事もある

日本人の場合には、小さい頃から周囲との同調を求められるよう親・先生が圧力をかける場合が多く、子供の個性が伸ばせなくなる事があります。成績が悪い子を気遣って、自分の成績が伸ばせなくなる可能性もあります。周囲が自己顕示欲を満足させるようにうまく「引き立て役」になってあげると、本人がどんどん意欲的になって、能力を発揮する事が出来るようになる可能性があります。

役者などの職業では、目立ちたい、自己顕示欲が強い人の方が成功する事が出来るとも言われています。自己主張が強い事が個性となり、演技でうまくいきやすいからです。

カテゴリ: 

日本人と中国人の考え方の違いを理解するのが非常に難しい

  • 16 December 2018
  • のぶやん

日本人は、多民族と言えどもその大半が大和民族と言われるものになってしまっていて、多民族国家である中国とは異なっています。その前置きをした上で、中国人(特に多数派である漢民族)の考え方は、日本人とは全く異なります。似たようなアジア人ではありますが、その発想自体は全く異なったものです。

日本人は、上流階級を中心として日本国全体をファミリーと考えるように洗脳されていますが、中国人は誰も国家をファミリーだと考えていません。ファミリーは自分の家族・親戚だけであり、信用できるのも家族・親戚だけです。

日本人と中国人の考え方の違いを理解するのが非常に難しい

個人主義を重んじる中国人

中国人の家族主義というのは、日本の上流階級に見られる家族主義とかなり似たものになります。中国では、基本的に家族・親戚以外の人を信用しません。個人主義が発達しており、会社などにおいてもチームワークよりも個人の力量と個人プレーが物をいう社会となっています。

個人のネットワークのように人脈が発達しており、10年、20年と長い付き合いで信頼関係を築きながら、プライベートからビジネスまでお互いにサポートしあうシステムを構築していきます。日本人の庶民的なファミリー社会ではないスタイルですが、自己犠牲を伴ってまで他人を大事にしようとする日本人は、中国人から学ぶところもあるでしょう。

良く嘘を言う中国人

中国人の多くは、日本人から見ると信じられないほどに自己中心主義で、それは日本で精神科に病気だと言われるレベルに到達しています。自分のためであれば、簡単に嘘をついても平気な顔をしているし、その嘘はいわば『虚言癖』と言われるレベルです。そんな虚言癖すら寛容に許してくれる人が『友達』という認定を受けるようです。

彼女・彼女がいないのに『彼女がいる』というのは序の口であり、車がないのにある事になっていたり、家を買った事になっていたりなど、とにかく嘘を言います。そんな分かりきった嘘も許してくれるのが友達と言えるらしい?です。

自分が中心に地球が回る

自分が中心に世界が回っていると思う事は悪い事ではありませんが、状況を客観視できない可能性があります。ドタキャンしたら友達の都合が悪くなるとか、ドタキャンしたらお店に迷惑がかかるなどを考えず、関係が薄いほど優先順位が下がってドタキャンしてきます。

中国人は、自分が中心に地球が回っていますが、『他人からどう見られているか』を特に気にしています。自分の世間的な地位を異常なまでに気にする事もあり、世間から尊敬を集めたいと思っています。

中国人は先に贈り物をする

中国と日本の決定的な違いとして、贈り物の文化の違いがあります。中国人は、お世話になる時に『先に贈り物を送る』という文化がありますが、日本では『後からお礼に送る』という事が多いです。

中国人では、贈り物に高価なものを選んで、「どれだけ良いもので高級なものか」を伝えます。日本人は、贈り物を「つまらないものですが」と言いながら渡します。

友達はすぐにできる

中国では、友達と赤の他人は全くの別物です。中国人の場合には、1度食事に行けば友達として扱う人が多くて、仲良くなるのも早いです。中国人は、日本人のように誰にでも新設にすると言う事はありませんが、友達のいう事はなるべく実現したいと頑張ります。それは、後から自分のためになるからです。

友達の中で、長い友達付き合いをして、ようやくビジネスも行う事ができます。最初からビジネスを行おうとしても、ビジネスパートナーとしてはうまくいきません。『先に礼を尽くす』というのが中国流であり、先に色々とお世話する事で、相手から『あなたも私に良くしてくれました』と思われて、ようやく付き合いが始まると思った方が良いでしょう。

中国人とのビジネスで確実性を高めるためには、日頃の付き合いがとても大切で、日頃の付き合いがないと優先順位をどんどん下げられて、「ドタキャン」されたり、騙されたりする事になります。

カテゴリ: 

モスバーガーを久々に食べて、不味くて後味も悪くて最悪だった話

  • 15 December 2018
  • のぶやん

ショッピングモールに出かけた時に少しお腹が空いてしまったので、本当に久しぶりにモスバーガーを食べました。前に食べたのは、いつだったか覚えていません。モスバーガー370円にコーヒー250円で、合計すると会計が620円です。食事であるモスバーガーはともかく、コーヒー250円は高く感じてしまいました。

モスバーガーを久々に食べて、不味くて後味も悪くて最悪だった話

不味くて味もしない

滅多にハンバーガーを食べない(1年に1回ぐらい?あるかないか)ですが、ハンバーガーがこんなに不味いと思いませんでした。ソースの味はしないし、肉は本当に安そうな肉だし、最後まで食べきらずに残してしまいました。モスバーガーは、こんなに不味かったかな?

食べた感触としては、100円マックとほとんど変わらない。多分、使っている肉は100円マックのものと同じようなものでしょう。コーヒーも値段が高い気がして、本当に損した気分になりました。

食べたあとも具合が悪い

モスバーガーを食べた後でも、良いものを食べたという気になれず、後味が悪かったです。肉の質が悪かったのが見えて、何だか悪いもの食べたんじゃないかな?という直感的な不安感に襲われました。次回から、やはりファストフード店、特にハンバーガーチェーン店に行かないようにしようと思います。

高い上に健康に悪くて、味も悪くて、後味も悪いのでは、良い事がありません。

カテゴリ: 

プレゼンテーションと盛る力がないとマーケティングが成功しない?盛る力がさらなる成功を呼び寄せる?虚言癖とは違うのか?

  • 15 December 2018
  • のぶやん

缶詰の中でも特に愛好者が多くて人気のツナ缶(いなば ライトツナスーパーノンオイル 5缶)は、1缶100円ほどで売られています。このツナ缶は、レストランなどでも利用されたりしていますが、レストランで盛り付けた瞬間に数倍~数十倍の価格に跳ね上がります。

高級料理店などでは、その料理自体の単価よりも、その場の雰囲気を楽しむという事にお金を支払っている部分があるので、料理自体が盛り付けで高くなっていたとしても、それ自体は有りになっているのです。

プレゼンテーションと盛る力がないとマーケティングが成功しない?

求められるプレゼン能力

商品の差がほとんどない社会においては、高いプレゼンテーション能力が求められる社会になっています。嘘を付いて商品を売っているという罪悪感があるうちは、商品は売れません。自分でも嘘ではないと信じ込んで売り込む人が商品を売る事ができて営業成績もトップになる事ができます。

ペーパーテストでは、暗記する事が求められますが、それだけではビジネスに役に立たない事があります。ビジネスで成功するためには、周囲の人を巻き込んでお金を集めたり、説得力を持った話し方をする必要があります。

誰でも話を盛る事はある

誰でも話を大きくする行為を日常的に行うようになっています。その典型的な例がSNSで、特に写真のインスタグラムでは、旅行などの写真で良い所だけを加工して見せびらかすという事が流行しています。

ホテルで提供する部屋の写真であったり、レストランが提供する写真と実物が全く異なっていたという事が苦情沙汰になる事もあります。そんな事が頻繁に起こると、誰もホテルが提供している写真を信用・参照しなくなって、実際に訪問した人が撮影した写真を信じるようになってきています。

テレビで行われる過剰表現

テレビでも過剰表現というのは、良く行われており、それが時に問題視される事があります。例えば、一般的な外科医を『神の手を持つ外科医』と持ちあげてみたりなど、表現は過剰であるけれど、嘘ではないという事が良くあり、世間も「まあ、優秀な人なんだろうな」という感じで受け止めたりします。

日本のテレビ番組の盛り方は、公共放送とされるNHKでさえ、役者に演技させたり、嘘を本当のように流したりする過剰表現が頻繁に問題になっています。そうしないと視聴率が取れないという事もありますが、結果的に視聴者を騙している事になっています。

実物以上に盛る写真集

写真集は、プロのカメラマンが本人を実力以上に撮影して、それを売り物にするように加工・編集して市場に出されます。このために、本人すら驚くほどに美しく見える写真が完成します。その写真集が売れれば、世間にも高く評価されるようになり、CMなどの他の仕事にも繋がる事があるでしょう。

特に芸能関係では、少しぐらいオーバーに表現する事が悪い事と思われる事は少ないので、年齢を2歳ぐらいサバを読んだり、写真を加工したりすることは、良くある事として認識されています。

儲け話をする証券マン

証券マンは、株を売るためにしきりに『株が儲かる』という話をします。しかし、ほとんどの証券マンが自分でオススメする株を保有している訳ではありません。『そんなに儲かるのだったら、あなたが株の売買をすればいいじゃないか』というのは、誰でも疑問に思う事でしょう。

証券マンは、自分で買いもしない株を赤の他人に売りつけているという事になります。自分で本当に良いと思っている銘柄ならば、自分でも必ず購入するはずですが、それをせずに他人に売りつけるというのは、どういう事なんでしょうか?

最強の営業マンになるためには、自分も株式を購入した上で『私も買っています』という事です。あとは、自分が良いと完全に信じ込んで自信満々に売らなければ、誰も勧められて買う人はいないでしょう。優秀な証券営業マンは、将来の話をするなどして会話を大いに盛り上げて、妄想を膨らませた顧客に株を買ってもらいます。顧客の夢を膨らませるというのが商売の職業です。

出来ない事を出来ると発言する中国人

中国では、履歴書で少しでも出来る事をPRする傾向があります。日本語を少し勉強しただけで、日本語が出来ると履歴書に書いたりするという事です。採用された後から、日本語が下手な事が分かっても、そこで日本語を良く勉強して、実際に話せるようになるという事が良く行われています。

人口が13億人を超える国において、競争社会で勝つことは容易な事ではありません。学歴があって、コネがある人は沢山いる訳で、その中でさらに勝ち上がるための激しい競争社会で『盛る力』を試し合う事になります。履歴書でも盛る力ぐらいないと相手にもされません。それは中国人に限った事ではなくて、自由に履歴書でPRして、自分を強く見せて勝ち上がっていくのは、イギリス、アメリカなどの社会でも良く見られる事です。

STAP細胞の小保方さん

STAP細胞でメディアに出演した小保方さんは、インターネット上で『虚言癖』があると言われたりしています。記者会見において、STAP細胞を200回ほど実現したという発言を行ったのは、自分を防衛するために嘘をついたものだと思われています。何故なら、その後の検証でSTAP細胞は再現できなかったからです。

プライドの高さ、他人より有利に立ちたいという思いから、自分の資産・経歴・状況などを誤魔化すのは、虚言癖であるとされています。他の人に嘘をついても、その嘘を「いずれ実現できる現実」と思う事で現実との境目が曖昧になり、他人を傷つけた上で人間関係が壊れていきます。

プライドの高さで陥る虚言癖

理想が高い状態にある人が現実とのギャップに苦しむと「虚言癖」が発動されます。

カテゴリ: 
おすすめ: 

背中ニキビの原因はカビが多い!背中ニキビが治らない人が絶対に試すべき石鹸!

  • 14 December 2018
  • のぶやん

背中ニキビが大量にできるのは、カビが原因になっていることが多いです。いくら一生懸命に体を綺麗にしていても、普通の石鹸でカビを取り除くことができないので、背中ニキビが大量に発生する要因となってしまいます。

背中だけではなくて、椅子に座っている時に汗をかきやすいお尻などにもニキビができて、皮膚にシミが残る原因となってしまいます。

背中ニキビの原因はカビが多い!背中ニキビが治らない人が絶対に試すべき石鹸!

背中ニキビを作らない抗菌石鹸

背中ニキビを作らないためには、カビに有効な成分の入った石鹸を利用する事が求められます。

抗菌成分の入った石鹸としては、コラージュフルフル 泡石鹸 300mL (医薬部外品)が有名です。背中ニキビを撃退する成分を含んでいるので、使っていると背中ニキビが減少する人が多いとされています。

背中ニキビに大活躍のピロエース石鹸

ピロエース石鹸は、抗菌成分を含んでいるので、背中ニキビなどの対策にばっちりです。

カテゴリ: 
おすすめ: 

会話して面白い人=話題が豊富な人、様々な経験をしている人の話は、面白い。

  • 14 December 2018
  • のぶやん

会話して面白い!と思うのは、話題が豊富な人ですね。話題が豊富というのは、様々な引き出しを持ち合わせている人で、会話が途切れない人です。

会話して面白い人=話題が豊富な人

様々な事に興味がある

興味・関心の範囲・分野の広い人というのは、相手の会話にも興味を持って乗る事が多いので、会話が楽しくなります。自分の仕事分野以外にも、様々な事に興味・関心があって、『博識』と言われるような人は、お話をしていて楽しいという事があります。

相手の話に興味もないのに、聞き手に回ったところで、相手が会話を楽しめる訳ではありません。相手の話に興味を持って聞いてみて、自分との共通点を探すという事が求められています。相手がどんな事に興味を持っているんだろう?という事を想像して、興味がありそうな所で会話を楽しめるようにするのが良いでしょう。

自分から話題を提供できる

話題が豊富だと、相手からの関心事を引き出すだけではなくて、自分からも会話をふることができます。相手が興味を持ちそうな話題を語る事ができれば、『面白い人』という認定を受ける事が出来ます。問題になるのは、相手の興味分野が非常に狭い分野であれば、会話がうまく成立しづらいという事になってしまいます。

例えば、天才物理学者と一緒に会話を楽しむには、どうすれば良いでしょうか?物理学者に役立つ情報を提供できなければ、相手が会話を楽しめないかもしれません。多くの人にとって、物理学者に役立つ話題を提供する事は非常に難しいので、天才物理学者は人前で自分の興味・関心のある分野について話をしない方が良いという事になります。

テレビの話題はつまらない?

テレビの話題を持ち出してくる人は、自分に「自分に会話するトピックが何もありません」と自白しているようなものでしょう。テレビの視聴時間が長い人というのは、テレビから流れてくる情報が真実であると受け止めて話してしまう傾向があります。自分で情報収集する能力が貧弱なので、会話に深みがないものになっていきます。

カテゴリ: 

虚言癖のある嘘で固められた女性たちの特徴

  • 13 December 2018
  • のぶやん

親の期待に何とか応えようとして、小さい頃から頑張ってきた人ほど、嘘をついてでも『自分を良く見せなければいけない』というプレッシャーにさらされ続けているのでしょう。虚言癖のある女性の多くは、親のプレッシャーがあった中で『嘘をつくことでプレッシャーから解放されたい』という願いがあるものと思われます。

虚言癖というのは、自分の自覚がない事も多いので、それ自体は責められることではないかもしれません。しかし、周囲を巻き込んだりすることで、信頼を損なったりするなど、本人の将来にとって良くない影響がある可能性はあるでしょう。

虚言癖のある嘘で固められた女性たちの特徴

理想とプライドが高い

本来、理想・プライドが高いという事は、悪いという訳ではありません。自分の理想の姿に向かって努力したり、プライドが高い事で自分を高める事もできるからです。しかし、虚言癖の女性が話をすると『妄想』にも似た感覚で嘘をつくことになるので、周囲がその嘘に巻き込まれてしまう可能性があります。

例えば、友達が『最近、ビジネスクラスで海外旅行に行ってきた』という話をすると、『私も去年ファーストクラスに乗って海外に行ったよ』という嘘で対抗しようとするという姿です。自分のプライドの高さからくる嘘です。この程度の嘘ならば、誰にも損害を与えない嘘なので、悪い嘘ではありませんが、周囲は嘘だと気が付いている可能性が高いです。

周囲から注目されたい

嘘を付くことで周囲から注目されたいと思っています。常に1人で寂しいという思いがあるので、周囲から注目されるために様々な嘘を付くことがあります。例えば、『今、父親が大変な病気である』という嘘を言って、周囲の人が『大変だね』と同情してくれる事に快感を覚えたりします。完全な嘘と分かりづらいので、周囲の人も騙されたりします。

なかなか周囲から注目されないので、嘘を言う事で注目を集めたいという思いがあります。注目されるためであれば、稀に自分に不利になる情報まで嘘を付いたりします。例えば、夜のナイトクラブで踊った事もないのに、『夜のナイトクラブで踊って注目された』など、男から見るとドン引きするような嘘でも、注目されると思い込んで嘘をつきます。

虚言癖のある嘘で固められた女性たちの特徴

誰かが話している所に食い入って嘘を付くことで、自分の話を聞いて欲しいんです。自分に特に話題がなくて人とコミュニケーションが取れなかったりすると、人の話を奪う形で嘘を付いて、それで自分の話を聞いて貰えるのが嬉しい、孤独から解放される手段なんです。

『誰かと会話したくても、上手に会話できない』そんな時に嘘をついたら親・友達など周囲の人に喜んで貰えたと思うと、孤独を埋めるためにコミュニケーションの手段として嘘をつくようになってしまったのかもしれません。また、嘘を付くことで、誰かに構って貰えた事が喜びになっているのかもしれません。

劣等感が強く自分に自信を持てない

自分に自信を持てない人は、嘘をつく傾向にあります。自分に彼氏がいなくても、『自分に彼氏がいる』と嘘を付いたりしますが、自分に自信がない事の現れでもあります。

自分に自信を持てないので、親がお金持ち、芸能人と付き合っていた、良くナンパされたという嘘を言ったりします。自分を誇張した嘘で可愛いものですが、最も近くにいる彼氏などが信じ込んでしまうと、後から不信感を持たれてしまいかねません。

妄想と現実が曖昧になる

自分の理想としている妄想と、現実の置かれている状態が曖昧で虚言癖になっている場合があります。自分で作り話が自作されて、それを本当の事だと思い込むような事も出てきます。理想化された自分を演じるか、気の毒な人だと思って注目されたいと思っています。

本人に悪気がない状態で『妄想と現実が曖昧』になっているので、本当の事を織り交ぜながら、嘘を言ったりするテクニックが発達して、周囲がすっかり騙されるようになります。嘘と本当が混同して、本人も良く分からない状態に陥っているのです。

虚言癖のある嘘で固められた女性たちの特徴

妄想・現実が曖昧になると、周囲の人では判断できない情報が多くなってきます。例えば、『元カレに殴られた、元カレが暴力的だった』というのは、誰も真実かどうか確認する術を持っていません。また、『上司に抱きつかれた』というのも、本当か嘘か確認する事は困難です。本当かもしれないし、嘘かもしれないので、本人、もしくは当事者しか知らない訳です。

他人からの評価を常に気にする

虚言癖のある嘘で固められた女性たちの特徴

幼少期からの親の愛情が不足していたり、親から厳しくされたりする事で虚言癖になるとされています。周囲の評価を気にして、周囲の気を引くために外見を魅力的に磨き上げたり、仕事などで権力がある人に媚びたりする場面も出てきます。自分を守るためには、他人を悪く言う場面も出てくるので、周囲の人が迷惑に思う場面も出てきます。

嘘の責任を相手のせいにする

嘘の責任は、近くにいる誰かの責任に押し付けようとします。彼氏、親友などの責任に押し付けて、周囲の人に迷惑をかける事になる可能性があります。何かトラブルがあったら、周囲の責任に押し付けられて、下手をすれば被害を被る事があるので注意が必要です。

自分に利用できそうな人を利用して(悪い意味で踏み台にして)権力に媚びるたりするのもお得意で、責任が起きたら被害者のように立ち回って周囲に同情心で助けてもらおうとします。

虚言癖のある人と付き合うメリット

虚言癖のある嘘で固められた女性たちの特徴

虚言癖のある人と友達として付きあうメリットがないわけではありません。それは、『人の言葉なんてあてにならない』という事に気が付くようになるからです。自分が実際に見た事でないとしんようは出来ないという事に気が付けばいいと思うんです。相手が何を話しても、それが本当かどうかは、自分の目で確かめるしか方法がありません。

友達の家がお金持ちかどうかというのは、相手の家に行かなければ分からない事だし、もしかしたら相手の家を訪問しても分からないかもしれない事です。とにかく人を信用するには、その人の実家に行ってみたり、一緒に旅行してみるのが一番です。

カテゴリ: 
おすすめ: 

楽天カードの支払いに楽天ポイントが使えるようになった!

  • 13 December 2018
  • のぶやん

楽天カードの支払いで、楽天ポイントが使えるようになっていました。楽天は、楽天ポイントの用途を広げていますけど、最近では特に使いやすさが目立つようになってきていますね。楽天ポイントは使いやすいので、楽天ポイントを貯めておこうかなという動機になります。

楽天カード

楽天ポイントは、楽天証券でも利用できるようになっていましたが、楽天カードにも利用が広がった事で、楽天サービスを使っているユーザーには、かなり『消化しやすいポイント』になっています。クレジットカードで貯めたポイントがそのまま支払いに利用できるので、クレジットカード払いにすると、実質的に1%引きになった事になりますね。

ちなみに、楽天モバイルでも楽天ポイントを使う事ができるので、楽天のサービスを使って楽天ポイントを貯めると、様々な場所で楽天ポイントを利用できるという事になります。1年間にするとかなりのポイント消化になりそうです。

楽天カードの支払いに楽天ポイントが使えるようになった!

誰でも利用できる楽天ポイント払い

ポイントの利用は、50ポイント以上からで、楽天の画面で簡単に支払いを行う事ができます。楽天ポイントが利用できることになって、楽天カードを保持するメリットがさらに高まりました。楽天カードであれば、楽天市場でポイントが付いて、そのポイントを支払いにも利用する事ができるようになっています。非常に便利なサービスです。

 

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事