生活のネタ


アドセンス広告

人に思いやりの心を持つことができれば、思いやりのある人が集まってくる。

  • 8 December 2018
  • のぶやん

もし、誰かが『二度と会わない人だから優しくしないようにしよう』と思ったら、旅行客などが旅行する時には、誰も親切に道を教えたりしない事になります。道を教えて貰ったらお礼にお金(チップ)を渡さなければいけないような国は、世界中のどこに行ってもありません。道を聞いたら、ほとんどの人は、親切に案内してくれることでしょう。

人に思いやりの心を持つことができれば、思いやりのある人が集まってくる。

下心のない付き合い

彼氏でもない男性が女性に贈り物をした時を考えると、女性が心理的な負担を感じてしまう事もあるでしょう。それは、男性が女性に対して物を贈るときに何か下心を感じてしまう事が多いのがプレッシャーになってしまうからです。男性が女性にアプローチを行う場合には、相手に下心を感じさせないようにする工夫をする必要があります。

相手に対する思いやりとは?

思いやりの心とは、合気道のようなものと言えるかもしれません。相手の力をうまく利用しながら、自分の力にも変えていくということでしょう。合気道は、その精神を非常に重視しており、剣道・柔道・空手などと違う実践的な『護身術』として世界中の愛好者を生み出しています。合気道は、出来る限りで戦いを避けるという精神があり、武術として非常にユニークな精神となっています。

人間というのは、誰しも1人で力が発揮できるわけではありません。パートナーであったり、友人、家族などの繋がりの中で、その人の本来の力を最大限に発揮する事が求められているのです。武術の精神というのは、その武術にとどまらず、人間の生き方としても応用する事ができるでしょう。

相手を尊重するための演技

相手を尊重するために用いる演技というのは、友達と一緒にいる時であったり、ビジネスにも応用する事ができます。場の雰囲気を盛り上げるためにポジティブな発言を行ったり、相手を尊重した服装をすると言う事も重要になるでしょう。いずれにしても、敵を作るのではなくて、周囲を味方に付けていく方法でうまく力を1つの方向に向かわせるということです。

カテゴリ: 

大人になると様々なパターンに対処できるようになってくる!恋愛・仕事・友達関係で相手の事情を考慮しながら人生を楽しもう

  • 8 December 2018
  • のぶやん

旅行に行く時でも、航空券の予約の方法、ホテルの予約方法まで、何度もやっていると良い方法が分かってきます。旅行サイトを使った方が良いか、ホテルにダイレクト予約した方が良いかまで、何度も旅行を行っていると分かってくる事があります。様々なトラブルを経験するので、旅行に関するキャンセル規定からトラブルの対処方法を事前に把握して、対策を打っておくことができます。

大人になると様々なパターンに対処できるようになってくる

自分の都合と相手の都合を調整できる

大人になって能力が高くなってくると、相手の都合を考えた上で調整が可能になってきます。相手がどんな環境にあるのかを良く理解して、相手の都合に合わせる形で、自分の都合を柔軟に組み立てる事が出来るようになれば、周囲の人から慕われる存在になって大人の魅力を最大限に発揮する事ができるようになります。

友達と一緒に旅行に行く時には、数名の日程を組み合わせなければいけないですが、どうしてもキャンセルが出る事があります。大人になってくると、キャンセル規定などを先に確認するようになるので、友達がキャンセルしても、それに柔軟に対処できるような頭に切り替わってきます。もともと、数名で行動する時には、誰かがキャンセルするのはよくある事なので、それを見越して計画を立てる事ができます。

相手の事情を知るのは難しい

友達・ビジネスの相手などで、相手の事情に合わせようとしても、事情を知る事は簡単ではありません。特に国籍が違えば、契約を交わしていても覆されたり、直前になって予定が変更になったり、キャンセルされたりという事が頻繁に起こってきます。それを相手の責任に押し付けたり、イライラするのではなくて、相手の国の事情を良く知って事前に対策を打っておくには、それなりの経験と知識が必要になります。

世の中は、誰かの都合に合わせて動かないといけないようにできており、多くの会社員が会社の都合に合わせて動くしかない状況にあります。また、自分のパートナーが出来れば、パートナーの都合も優先する事も必要になるでしょう。家族が出来たら自分が家族の都合に合わせる事も求められるようになってきます。相手の事情にどのように柔軟に合わせていけるかは、自分の人生を充実させるうえで考えるべき課題の1つです。

大風呂敷から最小になる中国人

中国人のビジネスのスタイルは、日本人と完全に真逆です。中国人は、最初に大風呂敷を広げておいて、最後に本当にスモールビジネスのように小さくまとまる事も少なくありません。大きく出てくるのは、中国人の大きく見せるためのやり口であり、それに日本人が惑わされてしまうと、大変な損失になったり、自分たちのペースを大きく乱されることになってしまいます。日本では逆で、最初に小さく出しておいて、後から大きく見せる方法を考えます。

中国人の多くは、日本人と文化が全く違うので仕方ないんです。中国人とビジネスする際には、相手が大きく風呂敷を広げてくる事を最初から理解しておく必要があります。最初から相手の言っている事に惑わされず、自分のペースで事業を進めていかないと、大変なことになってしまうのです。そのあたりも、経験・知識が備わっていないと大変です。

相手の都合はどうでもいいのか?

世の中の人は、自分が中心で行動するのは当然なので、『相手の事は知った事ではない』と考えるのが当然でしょう。でも、給料を貰うと会社の事を考えずにはいられませんし、家族のことだって優先せざる得ないはずです。誰か友達と折り合いを付けるには、相手に対して興味を抱くことが大事になります。相手に対して興味を抱けば、相手もいずれ自分に興味を持ってくれることでしょう。

相手の心を開かせるには、相手に興味を持ってあげる事が優先になります。別に、褒めたたえる必要はなくて、相手を尊重してあげれば十分でしょう。相手の生活に興味がなくて、自分のやりたい事を突き進んでいたら、それは一生涯孤独という事になってしまいます。

大人になると過去が多くなる

大人になればなるほど、過去の出来事が増えていきます。『過去にとらわれずに前向きに生きるんだよ』といくら人から言われても、若者ではなくなる40歳を過ぎた人は、人生で過去の方が多くなっていくわけですね。10年、20年の付き合いができる友達も多くなるでしょう。

カテゴリ: 

言葉というのは信用できない。信用できるのは『どう行動するか』という事のみ

  • 8 December 2018
  • のぶやん

国会議員が信用されないのは、言ってる事と、やる事が異なっている場合が多いからです。国会議員だけではなくて、一般的に政治家というものが全く信用されません。

言葉というのは信用できない。信用できるのは『どう行動するか』という事のみ

相手の心を動かす行動力

恋愛であったとしても、仕事であったとしても、相手の心を動かすのは、メールであったりチャットではありません。相手の心を動かす事が出来るのは、自分の行動だけです。相手は、本当に自分の事を考えてくれているかどうかは、全て行動だけで判断しようとします。自分の行動力がヒトを動かす事になります。

心を動かすのは、自分ではなくて相手の心を動かさなくてはいけません。相手の立場になって、どんな事が相手に良いのかを必死で考えて行動すれば、それが良い結果に繋がる事が多いです。家族、恋人、友達、そして仕事仲間、仕事の顧客にしても、相手の立場に立った形で考える行動が重要になります。

相手の立場に立つとは?

相手の立場に立つというのは、相手の文化を尊重するという事であり、どちらかの人がどちらかの考え方・文化に合わせなければいけない事になります。食べ物、習慣、ビジネススタイルなど、人によって考え方が大きく異なっています。

男女が恋愛する時には、男性、女性という事なった性に対する理解が不可欠になってきます。自分が良いと思っている言葉、行動が相手を大きく傷つけてしまう可能性があるからです。

インターネット社会の影響力

何事もインターネットに接続される事が増えた社会で、インターネットで多くの人に情報が伝わる事は、多くの人を動かす事に繋がります。しかし、それでもインターネット上で多くの人を巻き込む事には、限度というものがあります。実際に行動を起こした人たちの映像が、さらに力を持ってインターネット上で拡散されて、大きなうねりになって社会が変化していきます。

自分の周囲からどのようにうねりを起こせるかという事は、自分が日頃から周囲に対してどんな行動をしているかによって決まります。

カテゴリ: 

高利貸しの銀行リボ払い業者も驚くほど庶民から搾取する『消費税』という名前の搾取金

  • 7 December 2018
  • のぶやん

消費税は、庶民から搾取して、大企業にプレゼントするための財源です。年収200万円の低所得者と言われる層は、そのほとんどを消費に使います。このために年収200万円の人に10%の消費税をかけると、何と年間20万円が消費税で消えてしまうのです!年間20万円は、100万円の20%にあたるので、100万円をリボ払いで借金しているのと同じような状況になってしまいます。

高利貸しの銀行リボ払い業者も驚くほど庶民から搾取する『消費税』という名前の搾取禁

良く『クレジットカードのリボ払いはヤバいよ』という話を聞くんですけど、消費税は自分が借金もしてないのに消費するだけでどんどん取られる税金なので、リボ払い以上にヤバいものです。自分で借金も何もしてないのに取られる消費税は、コントロールする事ができません。リボ払いがヤバいよ!と言ってる人は、追加して消費税もっとヤバいよ!と叫んでほしいですね。国家による搾取ですから。

消費税が全くないゼロであれば、年収200万円の人は、少なくとも年間15万円を貯蓄する事ができるでしょう。10年間で150万円、20年間で300万円なので決して少ない金額ではありません。消費税は、それだけ低所得者層から消費力を奪い取っているのです。1年で15万円も搾取されるというと、1ヵ月で1万円以上も搾取されている事になるので、本当にすごい金額を搾取されていることになります。

1万円を稼ぐのは、そんなに簡単な事ではありません。次の手取り15万円の人にとって、1万円は2日分の労働に相当しています。

アメリカ人の借金地獄を笑えない

アメリカ人は、クレジットカードの利用額は、ほとんど全てが『リボ払い(ミニマムペイメントと呼ばれる)』になっていて、自分で返済額を決められるので、100万円も借金をしていながら、毎月の返済額が1万円というのも『良くあること』です。日本のように銀行引き落としではなくて、自分で銀行に支払うシステムのようなので、支払いを忘れる(忘れるというか故意に行わない?行えない?)人は、延滞金が請求されてさらにお金を払わなくてはいけない状況になります。

アメリカでは、リボ払いで破産する人が多いという事ですが、日本では消費税が2014年に上がったばかりなのに、また2019年に上がるという事で、リボ払い業者もびっくりするぐらいの庶民からの搾取が生まれます。リボ払いで金利を支払う事と、消費税に上乗せされてお金を支払う事は、手元にあるお金が消えるという点では、全く同じことなのです。

自分のバランスシートを考える

クレジットカードで20万円の借金をすると、それだけの資産を自分が保有していないと、家計の債務超過になってしまいます。その債務超過をごまかすシステムが『リボ払い』です。つまり、これは『将来的に私が働いた労働力で返済します』というツケに当たる契約になります。しかし、実際には消費税に対しても10%の税金がかかるという事は、似たように家計のバランスシート悪化の要因となっています。

貯蓄が少ない人が必ず消費税を10%支払うとすれば、10万円を貯蓄していたとしても、実質的に9万円分しか消費できないという事になります。自分の財産が気が付かないうちに減少していくのです。お金が減少していくのを防ぐためには、その10%分を投資の収益によってカヴァ―する必要性が出てきます。つまり、消費ずるお金と同じ分だけ投資に回すという必要性も出てきて、ようやくバランスがとれるようになるのです。

カテゴリ: 

自分の周囲にあるお金にならないものをどう処分すればいいのか?

  • 7 December 2018
  • のぶやん

私の部屋にポータブルのCDプレーヤーがある。子供の頃に買ったのか、貰ったのか忘れてしまったけど、もう使わない可能性の方が高い。それでも、箱に入って新しい(ほとんど使った気がしない)CDプレーヤーは、なかなか捨てる気にはならない。ヤフオクで売るにしても、2000円以上で買い取ろうと思う人はいないだろうから、手間の方がかかってしまいます。

自分の周囲にあるお金にならないものをどう処分すればいいのか?

不要なものを処分する

自分の部屋にある『不必要なもの』をなるべく処分します。思い出のある品であったとしても、元カレ・元カノからの贈り物など、『自分にとって運気が下がる』と思うものは処分した方が良いでしょう。

何年も前に身に付けていた服装なども、使わないと思ったら処分対象にするのが良いでしょう。

お金にならないSNSの処分

オンラインのSNSもお金にならないのであれば、切り捨てるのも良いでしょう。他人の様子を見るインスタをやっていると、それだけで時間を浪費してしまいます。1日数分の時間浪費であっても、1ヵ月当たりにすると数時間の時間ロスが発生します。こうしたロスを最小限に食い止めてインターネットの生産活動に集中すれば、お金を沢山稼ぎ出す事ができます。

インターネットで自分が行っている無駄な作業を極力減少させて、それを『お金になる生産活動』に変えるだけで、自分に少しずつお金が集まってくるようになります。

カテゴリ: 

基本的な生活費を削減する事の限界!固定の生活コストは、削るのが難しい

  • 7 December 2018
  • のぶやん

基本的に、日頃から自分が無駄だと思うようなものにお金を使わないようにしていますが、それでもお金をジワジワと使わないといけないシーンが多くなっています。例えば、使っている電動髭剃りは、1年~2年で使えなくなってしまう消耗品なので、絶対に買い替えが必要になってしまいます。シャンプー、リンス、ボディソープなどの消耗品も、買わない訳にはいかない消耗品です。

基本的な生活費を削減する事の限界

貯めたお金を長期投資する

少しずつ貯めたお金は、長期の投資活動に回すのが良いでしょう。自分の労働だけで働いていたのでは、固定出費が沢山ありすぎて、とても豊かになっていく事はできません。10万円ずつ貯蓄を分けて100株で投資できる株式に分散投資していけば、配当金+株式分配を受ける権利を得る事もできます。

自分が良く使うレストランであったり、ホテルの株式を取得しておけば、株主優待生活を楽しむことができて、自分の出費を浮かせる事ができます。自分のお財布事情に合わせて、貯蓄する単位を分けて考えて、少しずつ投資に充てていくと良いでしょう。

ピロエース石鹸の大量買い

ピロエース石鹸は、体のニキビ防止などに非常に有効で、雑菌の繁殖、においを防ぐので、お風呂で欠かすことができない石鹸になっています。殺菌成分は非常に強力で、この石鹸を使っていると、体にニキビがほとんどできなくなります。

この石鹸は、1個400円ぐらいと安いのですが、すぐに消耗してしまう消耗品なので、何個も新しいものを買わなければいけないものになります。10個まとめて3700円で売っているので、まとめ買いがお買い得です。


第一三共ヘルスケア ピロエース石鹸 70g ×10個

カテゴリ: 

Uberが飛躍しているのは、自動車を収益性資産に変えたから。

  • 7 December 2018
  • のぶやん

一般庶民が自動車を保有すると、非常に高額な税金がかかり、自動車保有で年収の1割~2割ほどになってしまう事も珍しくありません。

Uberが飛躍しているのは、自動車を収益性資産に変えたから。

運転スキルが売れる時代

Uberなど配車アプリの登場によって、自動車を保有して、その運転スキルが販売できる時代になりました。

今までタクシーの運転手をやっていたけど、自分で独立したいという場合にも、Uberを使うと比較的簡単に独立する事ができるかもしれません。

自動車業界にとっても良い話

Uberが飛躍しているのは、それが『自動車業界にとっても良い話』だからです。車を購入して収入を得られる・稼げるのであれば、人々は自分の収入を上げる為に『ワンランク上の車を購入しよう』という気になるでしょう。ワンランク上の車を購入しても、それで稼げるのであれば、自動車ローンの支払いも問題なく行えると考える訳です。

自動車会社からすれば、個人がUberで稼ごうとして個人事業主になってくれれば、『もっと高い車を購入してくれるかもしれない』という期待に繋がり、多くの人が高い車を購入する事は、自動車会社の利益にも繋がります。こうして、自動車会社の後押しも受ける形になるUberは、業績を非常に伸ばしやすいという事になります。

日本ではハイヤーが請負い

日本では、『白タクが禁止』されているので、Uberから請負いを行っているのは、ハイヤー会社であるとされています。ハイヤー会社では、タクシードライバーに『英語・中国語』など、外国語のスキルを求めて採用している場合もあり、外国人が配車する例が多いようです。通常のタクシーでは行えない、言語を含めたきめ細かいサービスが提供されています。

一方で、日本で一般の人がお金を受け取った送迎行為を行うと『白タク行為』とされてしまいます。今後、Uberが世界でさらに成長した時に日本で規制がどうなるかが注目されます。

カテゴリ: 

ツィッターのアカウントを凍結されて、SNSを引退する事に決めた。お金にならないSNSは、人生の時間の無駄

  • 7 December 2018
  • のぶやん

ツィッターのアカウント凍結が多発しているようですが、何故か自分の使っていたアカウントも凍結されました。まさに『凍結祭り』状態で、もうやる気がなくなったので、ツィッターを辞める事にしました。最近は、ツィッターにつぶやくのも飽きてきたし、自分の時間をSNSに取られるのがもったいないと感じていました。

ツィッターのアカウントを凍結されて、SNSを引退する事に決めた。

SNSに浪費している時間

SNSを毎日見るのは楽しいものでしたが、友達なども固定されてくると、少しずつSNS疲れが出てきていました。インスタグラムなどは、友達の投稿を観たりしていますが、投稿している友達が『いつも同じ人』という状況になってきています。空き始めて辞める人も多くなってきています。フェイスブックなどは、本当に稀にしか見なくなりました。

一般人がSNSに投稿しても1円の稼ぎにもならずに時間を浪費するだけです。そこで、SNSをやるのであれば、ビジネスとして取り組めばいい!と考える個人ビジネス・企業が増加して、フェイスブックは、ビジネスアカウントに支配されて、一般のユーザー投稿が見えづらくなったと言われています。結局、お金が絡んだ人たちが頑張るのは、インターネットの世界でも同じです。

自由が制限されたツィッター

ツィッターは、規制がどんどん強化されて、自由な場所ではなくなりました。アカウントはすぐに凍結されますし、APIを使うにも電話番号入力が必修となって気軽に使えるものではなくなりました。

匿名で自由な空間が広がっていると思われて日本人に人気になったツィッターですけど、世界的にも陰りが見え始めています。日本のユーザーも頭打ちで、規制が強化されたことで、何か違う方向に行ってると感じて辞めている人も多いと思いますね。

利用者が稼げない問題

Google社は、ユーチューブに広告を掲載して稼ぐ方法を提案しています。良質なコンテンツを提供するのはコストがかかるので、ユーチューバーのように専属でやるには、それなりに稼ぐ必要があります。フェイスブック、ツィッターなどのSNSは、無料で利用する事ができますが、ユーザーが稼ぐことが認められていないので、ユーザーがクリエイティブな活動をしづらい場所になっています。

例えば、東京オリンピックの皮肉を投稿して、そこそこ話題になった「せやろがいおじさん」は、ツィッターに動画をアップしながらも、ユーチューブのリンクを張り付けています。ユーチューブでアクセスを集めないと、広告で稼ぐことができないので、そうせざる得ないのです。

カテゴリ: 
タグ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事