生活のネタ


アドセンス広告

日本人も逃げ出したがる国に、優秀な人材なんて集まりません。

  • 27 November 2018
  • のぶやん

与野党が結束して『日本の政治に興味を持たせないように』頑張っているとしか思えないこの国には、何か期待したり、希望を抱いたりする事は、とても無理だと思います。

この国は、本当に死んでいます。高齢者だらけで、良く分からない大本営発表が連日繰り返されて、

日本人も逃げ出したがる国に、優秀な人材なんて集まりません。

野党が消費税の廃止を主張しない

野党であれば、普通は『消費税の廃止』を主張しますけど、消費税の10%引き上げに反対するだけで、消費税の廃止なんて事が全く言葉に出てきません。『立憲民主党、共産党も10%に増税を阻止する』と言いますが、消費税の廃止に言及しないのです。それでは、与党、野党の違いは分からず、野党が自滅に走っているとしか思えません。

こんなインチキ野党では、野党に国民が期待する事はできないでしょう。消費税ゼロを主張しているのは、山本太郎さんがいる自由党であり、自由党を応援したいという気になります。

大阪万博を強引に誘致

東京オリンピックに次いで、大阪万博が強引に誘致されました。このようなイベントごとでインフラにお金を使って、少子高齢化がどんどん加速しています。もう、武器であったり、コンクリートにいくら金を使う時代でもないでしょう。子供たちの未来を考えて、子供たちのためにお金を使う時代になってきています。

国民の多くが望んでいない東京オリンピックであったり、大阪万博を開催する事で、税金がどんどん利権の業者だけに流れて、一般の国民はどんどん搾取されています。

低賃金労働者を集める政策

日本政府は、低賃金労働者の受け入れに前のめりになっており、今後は『外国人の低賃金労働者』が大量に流入してくる事になりそうです。日本に低賃金の外国人労働者が増えれば、治安の悪化、賃金が今よりも下落することなどが予想されています。

カテゴリ: 

36歳の男性を狙えば、結婚できる確率が大幅にアップする理由!36歳が男性の結婚適齢期

  • 27 November 2018
  • のぶやん

20年ぐらい前であれば、『30代を過ぎて結婚していない男性はダメな男性』などと言われましたが、最近では30代の半数以上の男性は結婚しておらず、特に都会の男性に限定すると、3割以下しか30歳で結婚していないので、30歳で結婚する人はむしろ少数派と言えるでしょう。最近の男性では、30歳で結婚を全く考えておらず、34歳、35歳ぐらいになってから結婚を意識する人も多いようです。

婚活市場においては、男性は、30代を過ぎると『年下』を狙うようになっていくとされています。一方の女性は、30代になると『同年代』を狙うようになっていくといいます。つまり、男性が年下の女性と結婚出来ればラッキーで、女性が同年代の男性と結婚出来ればラッキーと言う事になります。

36歳の男性を狙えば、結婚できる確率が大幅にアップする理由!36歳が男性の結婚適齢期

36歳は経験豊富で衰えなし

男性が本格的に衰えを見せるのは40歳からと言われているので、36歳の男性は『まだ衰えが見られないイケイケの年齢』という事になります。経験も豊富になり、肉体もたくましくなって、多くの企業においても現場のリーダーの役割を果たすようになってくる年齢です。現場に出て主力のリーダーになる36歳ぐらいは、最も輝ける時期とも言えるでしょう。

婚活市場においては、20代の女性は、35歳ぐらいまでと限定する人が多いですが、36歳の男性は『結婚願望』が強くなる時期で、すぐに結婚したい女性にとってぴったりです。しかも、40代になっていないので、肉体の衰えが見られず、生殖機能もたくましいまま維持されています。

35歳をすぎて結婚を意識する

33歳ぐらいまでは、結婚なんてしなくて良いと思っていても、さすがに男性も34歳になると結婚を意識せざる得ない状況になる人が多いようです。結婚を意識してすぐに35歳になって、危機感を持ち始めて36歳で結婚するという男性が多いみたいですね。どうして35歳を過ぎると結婚を意識するかと言えば、40歳まで年齢がないので焦りがあるという事でしょう。

男性が36歳で焦ると、近くに結婚対象になる女性(彼女候補・彼女・元カノ)がいたら『結婚しよう』という事になって、すぐに結婚する事が多いようです。つまり、36歳の男性を狙う事で、女性が結婚したいという目的を最速で達成する事が出来るようになるわけです。

20代後半の女性とも付きあえる

女性の場合には、自分の年齢プラスマイナス5歳という人が多いですが、魅力的な36歳であれば、まだ許容範囲にあると考える20代女性も多いです。具体的には、28歳~33歳ぐらいまでの女性に36歳の男性が人気があります。

カテゴリ: 

ソフトバンクが見せるバランスシートの拡大と借金して投資する事の有効性。収益性資産(Profitable Asset)の保有。投資の話が出来る友達を選ぶ

  • 27 November 2018
  • のぶやん

個人が借金して不動産を保有する意味というのは、その不動産を担保にしてさらに金を買い入れる可能性があるという事でしょう。個人のバランスシートが大きくなればなるほど、個人が労働から解放される時間が大きくなります。バランスシートを拡大する事で、なるべく労働しない生活スタイルを確立していく事が重要になります。

どんなにお金に困っていたとしても、お金がなかったとしても、それでも5万円でも10万円でもいいので貯金して、それを投資に回していく必要があるでしょう。もし投資活動を全く行わなければ、自分の労働力だけに頼って生きていく事になり、今の日本で、グローバル化している世界においてもそれは全く現実的な事ではありません。

低金利で借金を重ねる

極端な話を言えば、低金利の日本で1兆円の借金を行って、米ドルに投資するという極めて単純(It's simple but it's not easy)な投資であったとしても、スワップ金利から得られる収益が、日本で借金した金利より大きければ収益になるという事になります。簡単な話、日本で借金して米国債をどんどん買えば、その収益で暮らせるかもしれないという事です。米国債が大暴落しても、借金の支払いさえできれいればOKという事です。

ソフトバンクが15兆円を上回る負債を抱えてなお健在なのは、低金利であるので利払いの支払いが低く抑えられているという事があるでしょう。それでもソフトバンクの利払いだけで年間で約5000億円にも達しており、国内企業の利払いの2割で銀行から見ても「もはや運命共同体」ともいえる状況です。これで金利が上昇局面になってくると、ソフトバンクがかなり苦しくなる可能性があります。ソフトバンクは、海外の会社を買収することで国際化を急いだり、10兆円もの巨大ファンドを設定したり、ソフトバンク社を上場させる事でリスク分散を行おうとしています。

投資銀行と化したソフトバンク

ソフトバンクは、もはや投資銀行業務を行う会社になっており、事業会社と呼べる状態ではなくなっています。孫さんの頭の中は、投資業務の事で頭がいっぱいでしょう。特にソフトバンクが2013年にスプリントを買収した後から利払いが大きくなり、その失敗を取り返すためにソフトバンクは、さらにバランスシートを拡大していく事になります。バランスシートの拡大は、損失を小さく見せるのに役立ちます。

ソフトバンクがこれだけ巨大な借金ができるのは、中国で最大級のインターネット企業であるアリババ株という担保が存在しているからです。ソフトバンクは、『アリババ株の大株主』という事で、それが全ての事業を支えているという側面を持っています。中国企業の成長にここまで上手に乗れた企業は他になく、アリババ株を担保にすれば、世界中のほとんどの個別企業を買収できてしまうのです。

ソフトバンクのバランスシート拡大

ソフトバンクは、アリババを担保に借金をする事もさすがに限界にきており、従来の手法でバランスシートがこれ以上は難しいという状況になりました。そこで、今度は新たに10兆円規模のソフトバンク・ビジョン・ファンドと称するファンドを形成して、それにサウジアラビアなどの出資を受ける形で、バランスシートの拡大に乗り出しました。ここまでくると、日本の銀行も支援しない訳にはいかず、日本の銀行もバックアップしている事でしょう。

ソフトバンクの誤算は、スプリントの有利子負債が4兆円に達しており、利払いだけで2000億円もあるのに、スプリントが思ったように収益を生み出さない事です。スプリントが収益を生み出さなければ、利払い分の負担2000億円をどこからか調達してこなければいけない事になります。利払い5000億円を毎年支払う事はどんな巨大企業にとっても簡単なことではなく、そのためソフトバンクは自社のバランスシートの拡大を急ぎました。自社を大きくすることで、利払いの負担割合を小さくする目的です。

結局、2018年にソフトバンクは、スプリントをTモバイルと合併する事で合意に至り、T-Mobile USの株式を27.2%保有、筆頭株主は41.7%を持つドイツテレコムで話がまとまり、スプリントが消滅する事になりました。

バランスシートを拡大で稼ぐ

手元に資金がなければ、ソフトバンクのように借金をして事業を行うしかありません。日本の場合には、ほとんどの資金を高齢者が握っていますので、若い層ほど将来の発展のために借金をせざる得ない状況になっています。その1例としては、奨学金と称する高額ローンの存在です。大学を卒業するために4年間で500万円もの高額ローン借金を行う人が50%にも達しています。借金を背負って社会人になってから返済を行うのは大変です。

先進国が労働賃金でキャッシュを生み出せなくなったので、今度は自身であったり、企業が保有するバランスシートの拡大によってキャッシュを生み出していこうとする試みが広がっています。グローバル企業1社のバランスシートは、既に小さな国家歳入を超えていて、国よりも企業(=少数株主)が影響力を持つ世界構造になってきています。こうしたグローバル企業の株式保有者は、世界の新しい王様とも言える状況を形成しています。

個人の投資は20代から始める

個人の投資は、20代から始めて勉強した方が良いでしょう。なるべく若いうちから始める事で、投資の失敗しても修正出来たり、長期投資で成功する事が出来たりと、大きなメリットがあります。少額の投資はメリットがないという事を言う人がいますが、リターン以上に投資を学習したり、興味を持ち始めるというメリットがあります。

労働者の労働賃金だけでは、とても豊かな生活する事はできなくなっていますので、労働者を含めて誰もがお金の勉強を怠る事はできない状況になってきています。20代から株式投資を開始して、30代から本格的にポートフォリオを構築できれば、50代、60代になる頃に個人であってもある程度の資産を築けるようになっているでしょう。

バブル世代の親たちの中には、労働者として稼げば何とかなると思い込んでいる人もいますが、労働者としていくら頑張っても賃金が上がる時代ではなくて、むしろ下がっていく可能性もあります。従来と考え方を変えて、20~30代から投資をおこなう事によって稼ぐ方法を模索していく必要があるでしょう。

収益性資産・Profitable Assetの保有

個人で行える収益性資産の保有というのは、とにかくキャッシュを生み出すものを長期で保有する事になります。少しずつキャッシュを生み出すものを長期で保有する事によって、自分の労働時間を少しずつ減少させていくというものです。キャッシュを生み出すものは、個人事業主であれば、自分の事業から生み出すキャッシュというのが最も堅実です。会社化して収益が上がっていれば売却する事も可能です。

自分の事業が特になくて、キャッシュを生み出すものを保有していないようであれば、自分で調達した資金(労働調達、借金での調達)をお金を生み出す収益性資産に投下します。

貯蓄ゼロ生体の増加

日本において、貯蓄ゼロ世帯が急増しています。貯蓄ゼロというのは、毎月のようにお金を使い果たしてしまって、手元にお金が残らない状態です。資産と呼べるものを全く持たない「完全なる無資産階級」と呼べるものであり、失業した時点で収入が失われると、自分の身の回りに売却できるものが何もないという状況を生み出します。

ソフトバンクが見せるバランスシートの拡大と借金して投資する事の有効性。収益性資産(Profitable Asset)の保有

投資の時代は変えられない

労働者が軽視されて、お金が移動して歩く『投資の時代』は、もう簡単に変える事ができません。労働者は移動して歩くのは極めて難しい(言語の問題などもありますね)のですが、お金はグローバルに移動して、リターンが高い所に投下される傾向があるからです。このために日本で自分が労働した賃金が減少して、海外に投資して収益を得る必要が出てきました。

海外に資金を投資して収益を得る事は、個人でも可能になってきており、携帯のアプリから米ドルを購入する事も簡単にすることができます。個人でもインターネットを使って簡単に投資できるので、どんどん投資して自分の資産を増やすルートを広げていくのが良いでしょう。

投資の話が出来る友人を選ぶ

投資・経済分野について全く無知な友達を選ぶより、投資・経済について話が出来る友達を選んだ方がいいでしょう。もちろん、必修ではありませんけど、投資の話をしない人は確実に下流の労働者階級となっていきます。投資の話を積極的にすることで、自分の情報源を増やして、下流の労働者階級に落ちる事を防ぐことが大切になっていきます。

誰がどうみても女性が結婚するラストチャンスである34歳~36歳まで。

  • 26 November 2018
  • のぶやん

女性にとってみると、34歳~36歳というのは、本当に人生で結婚するラストチャンスです。もちろん、それを過ぎて結婚する人もいるんですけど、出産・育児を考える弾性からすると、35歳をすぎると難しくて、ギリギリ36歳ぐらいまでが限界点です。それ以上の女性は、『子供を特にいらないと考えている』という男性からしか相手されないという極めて厳しい状況になってしまいます。

誰がどうみても女性が結婚するラストチャンスである34歳~36歳まで。

ラストチャンスを逃さないために

女性のラストチャンスを逃さないためにすべき方法は、最初に元カレが結婚していなければ、元カレにすぐに連絡を取ってみる事です。何年も前に別れて相手にされなかったとしても、よほど最悪な別れ方で嫌いになっていない限りは、チャンスがあるかもしれません。とりあえず連絡だけは取らないといけません。連絡をとって無視されない限りは、いろいろとやり取りして、結婚の候補にあげておくのが良いでしょう。

34歳を過ぎたならば、元カレが嫌だなどと、贅沢を言える年齢ではありません。今までの付きあいは、とにかく大事にして、今まで親密であった男性に片っ端から連絡を取っておくことが重要です。結婚相談所に入るよりも、今まで会った男性に連絡を取る方が優先順位が高くなります。

35歳以上で結婚できる確率5%

35歳を過ぎた女性が結婚できる確率は、実際の統計で5%以下とされています。そして、35歳を超えて結婚した人のほとんどは、既にパートナーがいた人であり、パートナーがいない状態から結婚に至ったケースは、かなり稀であると言えるでしょう。しかも、元カレなどの復縁もあるので、新しい人と付き合い始めて結婚するのが非常に困難な年齢になります。

35歳以上で同年代と『新しく出会って結婚』する可能性は極めて低いので、新しい出会いより昔からの出会いであったり、かなり年上(具体的には40歳以上)を狙っていくのが現実的と言えるでしょう。アラフォー女性になると、結婚できる確率は2%以下となり、何と40代が妊娠する確率(5%)よりも低くなるんです!

最初から結婚の意思ある人と付き合う

30代を過ぎた女性が結婚の意思がない人と付き合うほど無駄な時間はありません。無駄な時間を過ごさないためには、最初から結婚の意思をもった人とお付き合いをする事が大切になります。結婚の意思を持たない人に意思を持たせようとして何年もロスしたら、それだけで自分の婚期が終わってしまいます。後から無駄な時間を過ごしたと後悔しても遅いです。

最初から結婚を考えている30代後半ぐらいの男性と上手に出会う事を狙って、実際に上手に出会う事ができれば、数か月で結婚に至る事もできるでしょう。

自分の外見を徹底して磨く

特に外見などで、変化できそうなところを磨いて、『女性らしい外見』にするだけで、モテ度は確実にアップする事ができます。ファッション・化粧などは、結婚のためのコストだと思って、奮発してお金を使う必要があります。

カテゴリ: 

女性が妊娠・出産を考えるならば、35歳が結婚を考えるラスト・チャンス!

  • 26 November 2018
  • のぶやん

女性が妊娠・出産を考える場合には、35歳がラスト・チャンスという説が一般的のようです。40歳以上になると極端に出産が難しくなってしまうので、30代で妊娠・出産をしようと思えば、35歳ぐらいまでに結婚をしないと、それ以降になると結婚したい男性が激減してしまいます。妊娠・出産を考えた場合には、35歳が限界であると言えるでしょう。

女性の結婚35歳が限界説

女性が妊娠・出産を考えた時には、35歳が限界と言われています。30歳をすぎても妊娠・出産をしていない人の多くは、会社で男性と競って働くキャリアウーマン型が多くなっており、妊娠・出産をするとなると、キャリアを捨てる事になるか、キャリアに大幅な遅れが出てしまって、妊娠・出産を躊躇することも考えられます。

既にパートナーがいて、妊娠・出産を話し合える段階であれば良いですけど、パートナーがいない状態だと、35歳からパートナーを見つけて、そこから妊娠・出産を考えるとなると、非常に厳しい状態である事に間違いはありません。最近では、そのような時間が限られた中で妊娠・出産する夫婦も増えてきています。

女性の出産40歳が限界説

女性の出産は、一般的に40歳までが限界とされていて、それ以上の年齢になると出産できる可能性が極めて低くなってしまいます。「出産をいつでもできる」とのんびりとしていると、妊娠・出産しようと思ってもできないような状況になりかねません。出来れば30歳前に第一子、30歳を過ぎた頃には、第二子を持つようにしないと、複数の子供を持つことも大変です。

40歳を過ぎても出産する女性は、今は5%もいますけど、妊娠する可能性は高くないうえに、高齢出産による子育ての負担も大変なものになります。女性は、出産だけを行って、後は誰かに預けておくのも良い方法と言えるでしょう。

男性の結婚40歳が限界説

男性の結婚は、40歳を過ぎるとパートナーが見つかる可能性が激減するとされています。男性に派遣社員なども増えており、自分の生活で手一杯となっている男性も多い中で、女性の側が「条件に合う男性」を探す事が極めて困難な状況になっています。

40歳を過ぎても結婚できるのは、30代の時に既に付き合っていたパートナーがいたり、40代の同年代と付き合っている男性が多いです。40代だけど『20代の若い女性から相手されたい』と思うのは、イケメンで資産家しか無理でしょう。ほとんどの20代女性からは、40代は単なるオッサンにしか見えていません。

1人の生活に慣れ過ぎている

1人の生活というのは、2人で生活するよりも確かに楽ではありますが、仕事の都合に合わせて1人でいる事が増えてしまうと、家族という概念が失われてしまいます。生活が成立しない危機感の中で、仕事ばかりになってしまっている人は、限界年齢を超えてしまって、もう後戻りする事ができない状況になってしまいます。労働者が労働しないと食べていけない事が根本的な原因です。

パートナーと2人で連絡を取り合ったり、時間を合わせたりすることは、非常に手間・時間・お金がかかることです。それを省略して、仕事に熱中しすぎていると、パートナーを欲しいと思った時には、誰も相手にしてくれない年齢になってしまう可能性があります。どちらかが非常に忙しくて連絡がうまくいかなかったとしても、困難を乗り越えるだけの話し合いと、愛の力がないととても乗り越えられません。

カテゴリ: 

今でも階級意識が強いイギリス社会の構造。上流階級と、労働者階級は何が違うのか?

  • 26 November 2018
  • のぶやん

日本では、高度経済成長期に「一億総中流」といわれるように隣の人とかなり似た収入になる事が実現されましたが、今では企業の内部においても正社員・派遣社員・アルバイトという形で格差が生じており、とても一億総中流と言える時代ではなくなってきました。

イギリス人の階級意識

イギリスでは、今でも階級意識が根強く残っていて、特にその人の「話し方」でその階級が分かると言われています。イギリスの標準とされているのが公共放送BBCであり、中流階級がBBCのような話し方をしています。一方の労働者階級は、地方の方言が入っていたり、外国人にはとても聞きづらい話し方であるなど、BBCとは違ったイントネーションと発音で話します。

中産階級と労働者階級の違い

現在、大学を卒業していない高卒資格、専門学校資格であったとしても、1ヵ月の収入が4~5人民元という事で、大卒以上に稼ぐ人も沢山います。そして、大卒であったとしても、新卒の場合に1~2万人民元という事は、かなり起こってきています。また、中産階級の上の方になると、既に経済的に上流階級よりも豊かな暮らしをしている人たちもいます。

このように、現在では『収入だけでクラスを分ける』という事が難しくなり、知的教養であったり、趣味などが付き合いで重視されるようになってきています。

交わらない事で生じる階級

上流階級、所得の高い中流階級の子供は、パブリックスクール(13歳~18歳までお金持ちの子供が行く私立学校で日本で言う所のエリート中高一貫校)の寮に入寮して、隔離されたような教育を受けます。『外の雑音』から隔離された教育を受ける事で大衆文化に興味を持つことを防ぎながら、文化を学んで知識レベルを高める事を目的としています。また、上流階級同士のネットワークもここで形成されます。

日本における階級意識

日本では、地方に行けば『地方公務員』などは高給取りの部類に入ります。地方公務員では、高卒の課長レベルで年収700万円というのは珍しくもなく、大卒の課長レベルでに年収900万円を超える人もいます。年収900万円となると、京都大学の高山佳奈子教授が年収900万円を公表したので、地方公務員の課長レベルというのは、京大の教授と同じ年収という事になります。

地方公務員の課長レベルと比べれば、文化レベルで言えば、誰もが京大教授の方が文化レベル、知識レベルが非常に高いと言うでしょう。恐らくは、生活も京大教授の生活は、文化的で知的な生活であり、それなりの付き合いであると想像する事ができます。ただし、得ている収入は、地方公務員の課長と同じという状態で、生活レベルも似たようなものです。

階級意識と投資の理解

イギリスの上流階級は、保有している土地を結婚式場として貸し出したり、高級ホテル化するなどして、資産を活用したビジネスに乗り出すようになってきています。資産を活用したビジネスが出来なければ、広大な土地を維持する費用・税金などの支払いで没落貴族になってしまうからです。逆に資産を活用してビジネスが成功すれば、今後はさらに発展する可能性もあります。

日本の個人においても、資産の活用を考えられるかどうかは、今後の家族の発展のために非常に大切になります。上流階級になればなるほど、資産活用には熱心になり、労働者階級などは資産運用に興味がない、もしくは学習が不足している事が多いです。日本においても、資産運用などの考え方を見れば、その人の所属している階級が分かるかもしれません。

日本における独身貴族

日本では、働いてばかりで独身を貫いている「独身貴族」と呼ばれる人たちが沢山います。そのような「独身貴族」と呼ばれる人たちは、仕事で年収600万円~1000万円に達するにも関わらず、お金の使い道がないので、単純に高級ホテル、外車、熱中している趣味にお金をつぎ込んでしまいます。

男性が40歳、女性が35歳をすぎると、結婚できる可能性が激減するので、生涯独身の可能性が高くなってしまいます。

カテゴリ: 

魅力ある男性の条件とは?外見にバランスが取れていて、会話力がある事が大事

  • 26 November 2018
  • のぶやん

イケメンは、女性との会話が増えて女性を理解する事で、さらに女性にモテるというサイクルが起こります。

魅力ある男性の条件とは?外見にバランスが取れていて、会話力がある事が大事

積極的に女性と会話する

積極的に会話する事は、『相手に興味を持っています』とアピールする事にも繋がります。会話というのは、一方的に話すのではなくて、相手の話題も引き出さないと続きませんので、会話している事自体が女性に対するアピールになります。どんな女性にも気軽に話しかける男性というのは、それだけで『モテる男性』という事ができるでしょう。

話題が豊富な男性がモテる

女性というのは、一般的に沢山の話をする中で沢山の情報をやり取りしています。男性も女性と話していて『楽しい』と思われるためには、沢山の情報がやり取りできた方が親密さが増していきます。自分が興味を持っている話題の範囲が広いと、女性との会話もしやすくなります。

自慢話などをしない

自分に自信がある男性こそ、女性の前で自慢話をしたりすることがありません。女性の目線に合わせて話を展開して、楽しく話していく男性がモテます。女性の前で難しい仕事の話などする男性は、モテない男性になります。

礼儀正しくて知的

誰に対しても礼儀正しくしており、知的に見える弾性は、本当に良くモテます。


女性100人に聞いた「魅力ある男」の条件―何が彼女の心を動かすのか? (王様文庫)


魅力向上!!モテる男の作り方


「バカになれる男」の魅力 (王様文庫)

女性100人から聞き出した「魅力ある男」の条件 (王様文庫)

カテゴリ: 

男性35歳が女性から見た「痛いおじさん」になる分岐点?36歳の男を見れば分かる

  • 25 November 2018
  • のぶやん

周囲を見渡してみると、『36歳になった男性』を見ると、『痛いおじさん』と『大人のおじさん』に分岐していく事が良く分かります。痛いオジサンというのは、見た目が痛いという訳ではありません。見た目が若々しく見えても、中身が20代のまま変わっていなければ、『痛いおじさん』と言えるでしょう。30代後半になったら、大人の男性を目指さないと痛々しく見えます。

男性35歳が女性から見た「痛いおじさん」になる分岐点?36歳の男を見れば分かる

30代はモテなくなる時期

30代の男性は、まだまだモテる!という事はありません。30代後半になってくると、20代の女性も年齢差が離れているので、もっと年齢が近い人と付き合いたいと思うようになってきます。30代後半になっても魅力的な男性というのは確かにいますけど、女性を満足させるだけの『大人の男性』というのは、30代後半の男性でも少数派と言えるでしょう。

30代と言っても、10年以内に40歳になると『完全にオッサン化』するので、いくらイケメンでも女性に相手にされるのが非常に厳しくなります。そんな時期なので、自分の身の程を知りながらも、女性と適度に仲良くできる30代男性というのがモテる30代男性です。

割り勘を避けるようにする

女性に対して割り勘をして良いのは、20代までと言えるでしょう。30代になったら、なるべく支払いを負担するようにしましょう。まだ経済力がないのであれば、日頃から節約して、女性のために使えるお金を保存しておくのが良いでしょう。

最近の30代男性は、給料がなかなか上がらなくて本当に大変な思いをしています。そんな時には、デートの回数を減らしたりするなど、お金を使わない事を考慮に入れながらも、お金を使う所ではしっかりと使うようにしましょう。

昔の武勇伝を語らない

男性が女性の前で武勇伝を語る事は、女性の印象をかなり悪くする事に繋がります。女性は、男性の武勇伝に全く関心がないどころか、印象まで悪くしてしまいます。

モテる男性というのは、武勇伝どころか『失敗談』で相手を笑わせるぐらいの余裕がある男性です。見た目の性的な魅力というのは、間違いなく20代の頃よりも落ちているので、それをカヴァーするだけの余裕と会話力がないと、女性から好きになって貰う事ができません。

女性にマメに話しかける

女性は、気を使って貰うのが好きなので、女性に何でもいいので話しかける事が大事です。女性に嫌われていない限りは、ほとんどの女性がマメにやり取りするメッセージを歓迎してくれます。言葉を多くかける事で、女性は誰かから愛されている安心感を得る事ができます。

女性に積極的に話しかけられる男性は、沢山の女性友達ができるので、その中で最も良い女性を彼女にする事もできます。日頃から女性とコミュニケーションを綿密にする事で、良い女性とのお付き合いに発展させることもできるようになるのです。女性にマメに話しかけて、女性の友達を増やしておく事はとても重要です。

女性を口説こうとしない

女性を口説こうと必死になって前のめりになると、男性としての余裕を失う事になってしまいます。相手の事を何かと話してほしいと思って『質問攻め』にしてしまったり、何度もメッセージを連発してしまったりと、余裕がなくなってしまいます。そうすると、相手も楽しく話せなくなってしまいますね。

口説こうとするよりは、『もしかして、私に気があるかもしれないな』ぐらいで留めておく方が、相手もドキドキしやすいでしょう。好意を持つ前から口説かれたりしてしまうと、逆に女性の方が身構えてギクシャクしてうまくいかなくなってしまいます。自分が前のめりになりすぎていると感じる時には、自分から少し連絡をしない時間を作るなどの距離をとって頭を冷やして冷静になるようにしましょう。

何より誠実であること

女性にとっては、友達になる男性であっても『誠実であること』が何よりも求められる事になります。誠実でない男性と友達になったり、付きあいたいと思う女性はどこにもいません。例えば、男性が女性の友達を下ネタでからかったりすることは絶対にやってはいけないセクハラ行為です。そういった事を1度するだけで、全ての女性から敵視されてしまいます。常に誠実であれば、女性に安心感を与える事ができます。

30代後半になって20代の若い子ばかりを狙うというのは、生物学的にも悪いとは思わないですけど、誠実な男性は意外と同年代の女性に寛容だったりするんですよね。それは、若さだけを見ている訳ではなくて、人物を総合的に判断して決めているからです。

誠実でもないし、若い子ばかり狙っているような男性であれば、40歳になっても『20代にモテていた感覚』を引きづってしまうのかもしれません。そうすると、40代になっても、まだ『女性は20代がいい』などと言ったりして、女性に呆れられる可能性があるでしょう。

パーソナル距離感を大事にする

男女の距離感、友達の距離感など、何においても人と人の距離感というのは、非常に大事になります。自分から連絡してネタを振らないといけない事もあれば、相手からの連絡を待たないといけない事もあります。そのような自分の感情を上手にコントロールして、相手との距離をはかりながら、長期の恋愛関係、長期の友達関係を構築できれば、人生がもっと楽しくなります。

自分が親しく付き合いたい人とは、『相手に迷惑にならない範囲』で上手に付き合っていく必要があります。

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事