生活のネタ


アドセンス広告

目先の金を労働で稼いでも豊かになれない理由とは?労働賃金で得ることの限界

  • 2 December 2018
  • のぶやん

時給の下限は決められていますが、普通の職場で派遣社員として働くと時給1500円ぐらいが普通になっています。時給1500円で10時間働いたとしても、15000円、これで20日働いても、30万円にしかなりません。つまり、時給1500円で限界まで働いたとしても、年収360万円ぐらいにしかならないという事です。

手取りで月に23万円ぐらい、そこに家賃8万円、水道・光熱費・通信費など2万円とすると、手元に残って使える金額が10万円ぐらいです。手元に残るのが食費を含んで10万円だと、とても豊かな生活とは言えません。

目先の金を労働で稼いでも豊かになれない理由とは?労働賃金で得ることの限界

東京で時給1500円で働いて、年収360万円では、手元に残るお金は月額10万円ぐらいのもので、料理を作って外食したら、ほとんど貯金できないようになっています。サラリーマンの平均年収が毎年のように下落しており、年収360万円が当たり前になってきています。サラリーマンでいかに一生懸命に働いたとしても、得られる金額には限界あるので、生活は全く豊かになっていかないのです。

投資をおこなうこと、特に低レバレッジで長期の投資をおこなう事は、サラリーマンが豊かになるために非常に重要になります。

収益性のある資産を保有

毎年のように収入が得られる「収益性資産」を保有する事が大切になります。企業の株式に投資を行ったり、海外の為替に投資してスワップ金利を長期で得たりする事によって、収益性を得る事ができます。例えば、年間で5万円の収入を得るとすれば、それは1500円の時給で10日間以上の休みを得た事と同じだけの収益を得た事になります。そうすると、10日の空いた期間を別の仕事をする事ができるようになるので、さらにお金を得る機会を作ることができるようになります。

今までの保有してきた資産価値というのは、時代に従って下落していくので、自分が資産を増やしていくには、空き時間に絶え間ない努力・投資をおこなっていく必要があるでしょう。

ルーチンワークの価値下落

単純労働の価値は、工場の作業労働者であれ、ホワイトカラーであれ、下落してきています。誰も出来ないような仕事をしなければ、意味があるものとして評価されないものになってきています。

誰でも出来る作業というのは、(1)グローバル化で発展途上国に外注される(2)ロボット化で自動化されているという2点から、どんどん価値を失っていく事になります。

カテゴリ: 

労働が尊い時代が修了!年収の話より資産運用の話をするべき時代

  • 1 December 2018
  • のぶやん

男性の平均年収がどんどん低下しており、男性の正社員でも年収400万円を割り込む人も珍しくなくなりました。東京では、年収400万円を割り込むと、手取りも350万円を下回るので、ほとんど贅沢ができない状況になります。東京で家族を持とうとなると、年収400万円だと、ほとんど難しい状況になります。

労働が尊い時代が修了!年収の話より資産運用の話をするべき時代

今後も低下するサラリーマン年収

サラリーマンの年収は、今後も下がり続ける事が予想されます。特に「男性正社員」の給与水準は、毎年のように減少を続けており、今後も減少が避けられません。共働き世帯が増えており、女性の晩婚化に拍車がかかって、日本で子供の数がどんどん減ってきています。

サラリーマンの年収は、日本政府が推進する『移民の受け入れ』によってさらに加速する可能性が強まっています。また、中国における大卒者が毎年600万人~800万人にも及んでおり、ホワイトカラーの価値が暴落している事も影響しています。また、AIなどのロボット開発も進んで、人件費削減の動きが加速するのも、サラリーマンにとってマイナス要素です。

先進国で投資が主流になる

いくら労働しても豊かになれず、投資家のリターンが労働を上回るだけではなくて、税制も投資家が有利なように作られ始めています。このような中で、個人が投資で稼げない事は、生活水準がどんどん低下していく事を意味しています。生活水準を維持していくためには、投資以外の労働で稼ぐことがなにより大切になるのです。

カテゴリ: 

常識で生きる人たちが多いので非効率なシステムも成立する。非効率社会で搾取される人々

  • 1 December 2018
  • のぶやん

勉強していない人は、富と時間をどんどん搾取されていきます。自分で勉強している人には『あり得ない』と思うようなお金の使い方をするからです。

常識で生きる人たちが多いので非効率なシステムも成立する

マスコミに搾取される人達

テレビを長時間視聴して自分の生活をロスしていたり、広告とプロパガンダだらけの新聞を購読して、月額3000円も支払っている人は、マスコミに完全に搾取された人達です。テレビで放送する内容、新聞に書いてある内容などは、ほとんど自分に関係のない事ばかりです。周囲の人がうわさしている事の方がよほど自分に関係があるでしょう。

マスコミは、『自分に関係のない事を売り込みにかける商売』だからです。マスコミが流したいような情報を流して、広告を流す商売です。その商売に乗っていけばいくほど、どんどん人生を破壊されていく事になります。

投資信託に搾取される人達

銀行・証券会社では、一定の手数料が入る続ける投資信託を懸命に勧めてきます。投資信託は、手数料をずっと取り続ける事ができるからです。ほとんどの投資信託は、ファンドマネージャーが全く優秀ではなくて素人並みなので、パフォーマンスが基準となる指数以下です。つまり、高い手数料を支払って、標準よりも悪いリターンになっているのです。まさに、銀行・証券会社を儲けさせるためのシステムです。

何も知らずに投資信託の甘い誘いに騙されている人たちは、かなりの金額をジワジワと搾取されていくことになります。投資するのであれば、自分でインデックス投資、株式の個別銘柄投資、もしくは外国為替投資で長期のリターンを狙っていくのが良いでしょう。

日本で家を買ってはいけない

日本では、少子高齢化で、特に田舎の不動産の価値は全くなくなります。価値があるのは、都心部の駅ちか物件だけであり、それ以外の場所では今でも空き家だらけで地価は一方的に下落しています。日本では、家を購入すると失敗する可能性が極めて高いので、家を安易に買うべきではありません。家を買わずにお金を何に使うかと言えば、投資するためにお金を使うんです。

カテゴリ: 

日本人の考え方は、バブル時代の思い出のまま変化していない。日本において労働で稼げる時代はもう終わっている。

  • 29 November 2018
  • のぶやん

日本において、労働で稼げる時代が既に終わっている事は、派遣社員・アルバイトだらけになっている事で良く分かります。その結果、年収が低い『結婚できない男性』が急増しています。東京なのに月額の手取りが15万円ほどで、家賃を引くと手元に7万円ぐらいしか残らない貧困状態にある人が増えているのです。

日本人の考え方は、バブル時代の思い出のまま変化していない。

労働のみで稼ごうとして貧困化

グローバル化の時代において、労働のみで稼ごうとすること自体が無理があります。投資を行わないと資産が増えて行かないのです。投資の種類としては、コンテンツを作成するなど時間を投資してリターンを得る方法と、お金を株式・不動産などに投下してリターンを得る方法があります。

日本人の考え方は、バブル時代の思い出のまま変化していない。

どうして、普通に働いているはずの人が全く貯蓄できないんでしょうか?

真面目に働いても豊かになれない

派遣社員・アルバイトの人は、安定した正社員を目指している人も多いですが、『安定した正社員』というのは、かつての幻想になっています。今では、正社員もかつてのように安定したものではなくなっており、男性社員の平均給料もどんどん下落しています。また、大企業であったとしても、会社の中で昇進・昇格の厳しい競争があり、昇進・昇格ができなければ、40代ぐらいになると会社にしがみつくだけの人間になってしまいます。

真面目に働いても豊かになれない理由は、男性社員の給料が低下している事と、税金・社会保障費が上昇している事です。

田舎の生活がおかしい

日本の田舎に行くと、車が一家に何台もあったりします。工夫して1台でやりくりすればいいのに、田舎だと1人1台ないとダメだと思われているんです。はっきり言って、田舎で1人1台の車を維持するほどの収入を得ている人はほとんどいないはずなんです。月収20万円を少し超えるぐらいの人が車を持つというのは、あまりに贅沢すぎる消費です。それだけ車の維持費がかかるんです。

子供が東京に行って必死で稼いでも貧困状態にあるのにも関わらず、田舎の親が贅沢に旅行に行っているという光景は、日本で当たり前のように起こっている事です。1億円以上の金融資産を持っているおじいさんは、『娘が派遣社員で200万円なんだよ』と話していましたが、本当にそんな感じなんです。

自立しろというのはおかしい

日本では親と同居するだけで何故か非難の対象となって『自立すべきだ』という人がいますけど、自立という言葉の使い方を間違えています。自立というのは、自分で事業を起こして稼ぐことであり、人の会社で労働者として金を貰う事ではありません。多くのの中小企業は、ファミリー企業の形態をとっており、ファミリーとして株式を支配しています。自立として、どこかの労働者になる事は、そのファミリー企業の小作人(悪い言い方では奴隷)になるという事です。

知的な教養が薄くて小作人をやっている人は、その概念が分からないので搾取され続けます。1つの家族は、ファミリーとして事業体を形成していくべきなのです。現在、世界ではグローバル企業による株式の争奪戦が過酷になってきており、ソフトバンクのような新興企業も10兆円規模のファンドを形成してグローバルに戦おうとしています。この時代に家族をファミリーとして考えられない人たちは、どんどん没落していきます。事業のリスクを他人に取らせて、リターンだけ得られる訳がないんです。

他人のファミリー企業で働くという事は、クレジットカードでジワジワと借金していくのと構図として全く似ています。何故かクレジットカードの借金は怖がられますが、どこかのファミリー企業で生活を立てる事は怖がられません。株を全く保有していなければ、自分が関与している会社でもなければ、自分が貢献すべき会社でもないのです。

お金の稼ぎ方を変えていく必要性

これからの社会では、ファミリーで事業をやらないと勝っていく事ができません。他人の企業でいくら働いたところで、大した賃金を期待する事はできないのです。それでも死ぬ気で一生懸命に働くならば、大きな自己犠牲を伴うようになるでしょう。例えば、女性であれば稼ぎが多くなるほど結婚できなくなったり、子供を作らなかったりする人が増加します。

1000万円を貯金したとしても、優遇金利で0.03%で僅か3万円にしかならないのです。年間3万円というのは、消費税の増税分にも対応できないような微々たる金額です。貯金せずに資金をどこかに投資してリターンを高めていく必要があるのです。貯金しているだけでは、物価の上昇と税金で、どんどん貧しくなってしまうのです。投資について学習して、積極的に投資する事を心がけていく必要性があるでしょう。

カテゴリ: 

消費税の増税で更に過酷になる労働者の状況

  • 29 November 2018
  • のぶやん

逆累進課税の消費税

消費税は、低所得者ほど負担率が高くなるという逆累進課税となっています。高所得者の多くは、所得を全て消費する訳ではなくて、投資であったり、海外で買い物するために充てるので、その部分に対して消費税がかからないのです。低所得者に非常に不利な消費税はどんどん上がり、その分だけ法人税が下げられています。

法人が過去最高益でバブルよりも儲かっていると言われていますが、それは海外に投資したリターンと、国内の税金を安くした結果で起こっている事です。本来であれば、法人が儲けるのではなくて、個人に儲けさせないと、日本国内が沈んでいってしまいます。

世代別の貯蓄ゼロ世帯

労働者の置かれた状況

日本の労働者の平均年収は、毎年のように下がり続けています。特に男性労働者の平均年収が下落を続けており、男性が結婚しづらい状況にもなっています。世界で見られる問題であり、豊かな人がより豊かになり、貧しい人がより貧しくなる構図が加速しています。

労働者は、グローバルに競争する羽目になっています。結果先進国における労働者はは、賃金下落に加えて、労働者に対する増税・社会負担の増加で、労働者の生活がますます苦しいものになっています。

労働だけでは食えない時代

労働者は、自分の労働だけではとても食えない時代になってきているのです。会社で働く労働者が競うようになっているのは、『会社で働かないフリーランスのような自由労働者』と、『グローバルの低賃金労働者』になっています。今では、会社で正社員で守られて働くという働き方の概念自体が既に古いものになってきているのです。

能力がある人ほど、会社で働かずに自由な働き方が選択できるフリーランスのような働き方に変化してきています。

投資家だけが偉くなる構図

日本国内において、労働者が必要なので、労働者の権利を守っていた時代は終わりました。多くの日本企業は、労働力を海外に求めて、日本国内に安い労働力を流入させる事で稼ごうとしています。つまり、日本の労働者の権利は既に守られなくなっているのです。正社員が激減した事に寄って、労働組合も力をなくして、経団連など経営側のやりたい放題になってしまいました。

結婚する時に年収いくらという要求がありますけど、年収ばかりに目がいって、資産をいくら保有しているかを尋ねる人は少ないように思います。年収300万円でも、資産が1億円ぐらいあれば、年収500万円の人の20年分です。年収500万円の人は、倒れたりリストラされたりした時点で収入がゼロになりますが、年収300万円で資産1億円の人は1億円が手元に残ります。労働だけが資産という考え方は、改める時代になっているでしょう。

さらに資産運用が上手な人であれば、1億円を年2%の運用をしていけば、毎年200万円ずつを手に入れる事が出来ます。つまり、何らかの資産を保有して、そこから収入を得られる人と結婚した方が、労働で年収を得る人よりも豊かな暮らしが出来る可能性が高まるのです。

カテゴリ: 

30代になった良い男性と出会うためには、具体的に何をすればいいのか?

  • 28 November 2018
  • のぶやん

30代になると、多くの女性が婚活を始めますが、なかなか成功しない事は、理由があります。出会いを求める前に「先ずは自分磨き」を行う必要があります。食生活、筋トレ、ファッション、メイクなどを見直す事で、自分の見た目の改善をはかります。

特に筋トレで体を美しいラインにしていくには、最低でも3ヵ月ほどかかるので、じっくりと取り組む必要があります。また、食生活、ファッション、メイクは、自分を良く見せる為にコストをかける必要があります。

30代になった良い男性と出会うためには、具体的に何をすればいいのか?

部屋を片付ける

婚活をする前に一番最初に『部屋を片付ける』ことから始めるべきでしょう。整理・整頓は、人に会う時の基本中の基本です。

部屋が汚れている事は、人付き合いの雑さに必ず現れてしまいます。人付き合いを円滑にするためには、最初に自分の部屋を清潔・きれいに保つ事です。

下着を買い替える

見えないところからきっちりする意味で、下着を買い替える必要があります。古い下着を使い続ける事によって、見えないところで自分の自信を失っていたり、余裕のなさが見え隠れするようになってしまいます。

古い下着は、自分の見た目を老けさせるので、下着を買い替える事で、自分の見た目を若々しくすることが大切になります。

筋トレを始める

体の見た目が衰えていれば、それだけで女性としての魅力が半減してしまいます。最低でも週に1回以上の筋トレを心がけて、体型をやや筋肉質に保てるようにしましょう。女性の見た目、外見の美しさは、筋トレによってかなり磨くことができます。何さ今でも美しい女性は、必ず体型を保つための努力を怠りません。

筋トレは、自宅で毎日のように腕立てをするだけでも、体つきを変える事が出来ます。ユーチューブの動画などで『自宅で出来る筋トレ』を学んで、短時間で効率よく体の見た目を改善するようにしましょう。

相手に合わせる余裕を持つ

キャリアを築いて自立した女性であったり、しばらく彼氏がいない女性などは、1人で生活するのが楽になって相手に合わせるのが苦手になっている可能性があります。しかし、恋愛・結婚は、相手がいて成立する事なので、どうしても相手に合わせなければいけない事も増えてきます。

40代になったら諦める

40代になって結婚する事は、妊娠できる年齢からも非常に厳しいものになっています。40代になったら結婚を諦める事も視野に入れなくてはいけません。出産を考える男性が結婚してくれる最大の年齢は38歳ぐらいまでです。それ以上の年齢になったら、男性が結婚してくれる可能性が激減してしまいます。

40代になると、男女ともに同年代と結婚する事が多くなります。つまり、男性の側も女性の側に合わせる形で『子供を諦める人が増える』という事で結婚に至る例が多いようです。

カテゴリ: 

労働者階級は、投資に疎いのでこれからの時代に豊かになる事ができない

  • 28 November 2018
  • のぶやん

労働者階級は、ある程度のお金を持ったとしても、お金に対する知識が『洗脳された昭和の知識』であるために投資に非常に疎くて豊かになる事ができません。

別に昭和で労働力に依存して、それで退職金も数千万円貰って引退したので、別に投資をしなくても生きていけるからそれでいいという高齢者の皆さんは、それでいいかもしれませんけど、今の50代以下の人は、労働給与の激減と年金の減少で、今までの労働依存型で何とかなる時代ではありません。

労働者階級は、投資に疎いので豊かになる事ができない

投資の学習をしない労働者階級

イギリスにみられる労働者階級というのは、『継続的に家を発展させていく』という概念を持ち合わせていません。そのために、1世1代で楽しめればいいという感覚で日々を過ごす階級の事を言います。あまり勉強に熱心ではなくて、高卒が多いとされていますが、スキルを身に付けて稼ぎは大卒よりも多く稼いでいる人は沢山います。

日本においては、労働者の平均給与がどんどん減少していますので、自分の稼いだお金を投資に回してお金を儲ける事ができなければ、どんどん貧しくなってしまいます。

投資の必要性を教わらない

労働者階級の多くは、会社などで厚生年金などの積み立てを行う事で、お金を第三者に預けて間接的に運用して貰い、将来の受け取りを期待しています。実際には、本当に将来的に年金が期待通りに受け取れるかは分かりません。資産を防衛していくためには、自分で資産運用を行ってリターンを求めていく必要があります。投資が良く分からない人であれば、長期投資を行っていくべきでしょう。

日本国内における労働で稼げなくなっている以上は、個人も海外を含めてグローバルに投資して収益リターンを得ていくしかありません。お金の運用の仕方を学ぶことは、日頃からお金の使い方を学ぶことでもあります。訳の分からない事にお金を浪費せずに、本当に必要な所にお金を使うには、お金の使い方=投資の手法を学ぶことが極めて重要です。常にリターンを狙った投資をおこない続ける事は、人生をより豊かなものにする事は間違いありません。

健康志向ではない

労働者の中には、健康にあまり興味を持っていない人もいます。例えば、ラーメンが大好きと言って毎日のようにラーメンを食べていたり(長期間のラーメン好きは、塩分の取り過ぎと野菜不足によって病気になりやすくなる)する事が多いです。ちなみに、ラーメン好きと言われる青森県は、全国の平均寿命で最下位になっているので、ラーメンが体に悪い事が分かります。

歯科矯正などに積極的でないのも日本の特徴で、日頃から全く歯を大切にしない人達ばかりで、治療にも今でも銀歯が用いられています。このように雑な治療する歯科医院は、コンビニよりも多くて全国に4万件もあって、歯科医療が国民の犠牲の上に成立している事は明らかです。

-9 votes
+
Vote up!
-
Vote down!
カテゴリ: 

35歳の独身女性が結婚する方法は?差が出る35歳、結婚・出産をする最後のチャンスの動き方

  • 28 November 2018
  • のぶやん

35歳独身女性となると、いかに華やかでキャリアウーマンをしていたとしても、なかなか『寂しい女』という印象はどうしても拭えない状況になります。世間の目は『本当にできる人は、仕事もプライベートも充実している』と考えるので、仕事しかできない人は、人生つまらないだろうなと思われる事が多いです。

35歳では、個人差が出る年齢になるので、35歳前にキャリアウーマンなども少し恋愛に目を向けて、プライベートの充実を図っていく時期になっていくでしょう。仕事だけに熱中していると、仕事はそれなりに成功するかもしれませんが、それだけの人生になりかねません。

ほとんどの女性のピークは、25歳~28歳ぐらいまでになっています。一般的にそれ以降は、女性に言い寄る男性が減少して、35歳をすぎると、言い寄られる事はほとんどなくなります。

チャンス・奇跡を逃さない

35歳を過ぎたからと言って絶望する事はなくて、誰にでもチャンス・奇跡が1度ぐらいはやってきます。例えば、36歳になった時に『5年前に別れた元カレが突然連絡をくれた』という女性もいます。男性が35歳前後の女性に自分から連絡を入れるという事は、もう『結婚してくれ』と言ってるようなものでしょう。35歳の女性にお遊びで連絡するには、年齢が高くて重すぎるからです。

35歳をすぎた女性には、男性側の都合でチャンスが巡ってきたり、何のきっかけで突然にチャンスが巡ってくるか分かりません。特に『昔からの知り合いに再開して結婚』という例がとても多いです。忙しいキャリアウーマンなどは、チャンス・奇跡がきても『仕事が最優先』などと言って、ラストチャンス・奇跡を逃してしまう事があります。人生のチャンス・奇跡は、そんなに何回も来る訳ではないので、ラストチャンスを絶対に逃さないようにすることが大切です。

奇跡は起きる!というよりは、行動によって奇跡を自分で起こす力が大事なのかもしれません。大事なご縁があったら、そのご縁を逃さないように前向きに時間を作ってみるのがよいでしょう。「ちょっといいかな」と思う人に言い寄られた時にツンツンしているようだと、もうチャンス・奇跡を逃がすかもしれません。

バリキャリが「もう1人でいいわ、恋愛・結婚はメンドクサイ」と思ったところに強行に突入してくる男性がいるか否か?という事だと思います。本当に難しい中で、突入してくる男性がいて、やる気が満々だったら、結婚しないと決めていた女性の心も動かされる事でしょう。そんな男が寄ってくる女の前提として、レベルが高くて良い女である必要がありますね。

35歳にある2パターン

35歳には、2パターンあるとされています。1つが美人系でバリバリ働く事で『忙しすぎて相手ができづらい』というパターンです。もう1つが部屋が汚れていたり、生活の質が低いのが顔・体に現れて「結婚の相手が見つからない」というパターンです。この2つのパターンのうちで、どちらの方が結婚しやすいかと言えば、美人でバリバリと働いて忙しすぎて相手が出来づらいというパターンです。

美人でバリバリ働くタイプの女性は、特に同年代の高収入の男性に人気があります。それまで、『忙しくて男がなかなか出来ない』というタイプなので、付きあえば浮気しづらいですし、仕事をしている事で自立しているので、『仕事に対する理解もあって付きあいやすい』というメリットもあります。女性の35歳は、仕事などを充実させて美人を保つ35歳と、何だか落ちぶれた35歳に分岐していく年齢でもあります。

美人でバリバリと働く女性のタイプは、35歳ぐらいになると相手に合わせる恋愛を行わなく(相手に合わせる必要性もない)なっており、自分のそうした姿を愛してくれる1人の運命の人に出会うかどうかに結婚がかかっています。自分の意思がはっきりとしているので、決めた人が申し込んで来れば、結婚できるという感じの人が多いです。落ちぶれた35歳は、フラフラとして婚期をそのまま逃す可能性が高くなります。

良い相手はもう現れない

35歳をすぎて『良い相手がいたら結婚したい』と言ってるようだと、ほとんどの女性が結婚できません。20代の頃と違って男性側もお誘いしづらいですし、誘ってくる男性が『結婚できる男性』と思えない事の方が多いカラです。簡単に言ってしまえば、35歳以上の女性で、選ぶ権利がもないんです。選ぶ権利がないのに『良い相手がいたら結婚したい』と思っても、良い相手は現れません。

ある時期をすぎると、女性で恋愛しなくなるのは、周囲から申し込みが激減するからです。恋愛しなくなるのではなくて、正確に言えば、良い男性からのアプローチが激減するので、恋愛できなくなってしまうのです。『誰もアプローチしてくれないならいいや』と思っていると、本当に独身のまま30代を終えて40代になってしまいます。

35歳をすぎても、1,2回ぐらい最後のチャンス、奇跡がある人が多いのですが、『良い相手がいたら結婚したい』ぐらいの気持ちでは、そのラストチャンスを逃す事になってしまいます。最後のチャンスの時には、前向きに結婚したいという気持ちで挑んだ方が成功率が上がります。35歳を狙ってくる男性は、最初から結婚前提の事が多いカラです。

自分の評価軸を確立

自分が生涯を付きあう人になるので、他人の評価軸ではない『自分の評価軸』を大切にしておく必要があるでしょう。他人がどう思うかという軸ではなくて、『自分が付きあう相手を良いと思うかどうか』という事が最も大切になります。

自分の生き方をいかに貫いていくかという事は、周囲から自分を魅力的に見せる上でも非常に大切になります。魅力的に生きている人の所には、出会いもめぐってきますし、情報も集まってくる傾向があるでしょう。

狙いは、元カレや知り合い

35歳の女性が全く知らない男性と恋愛・結婚するというのは、非常に難易度が高すぎます。『モテる35歳もいる』というのは、誇張された話であり、現実的に30代前半から女性の婚活市場における価値が暴落します。実際、35歳から結婚できる可能性は2%とも言われており、これは『40代が出産する5%という確率よりもさらに低い』という結果が出ています。

35歳をすぎて結婚する人の多くは、相談所などではなくて、元カレ、知り合いとの再会などが多いです。新しい人と知り合って、恋愛、結婚するには、年齢が高すぎるからです。

30代後半の男性もヤバい

35歳の女性の話を書いていますが、30代後半の男性も結婚できない人が増えています。その主な理由は、『収入が低いから』という事が多くて、20代の女性と付き合っているけど結婚に至らないというケースも多いです。男性が35歳を超えて結婚できる確率は、5%以下とされており、現実的に考えて非常に難しい状況になっています。

男性が35歳を超えてくると、メンテナンスしている『若々しい35歳』とメンテナンスしていない『老いた35歳』に分かれます。過去にイケメンだった人も、カップラーメンなどを食べる荒れた生活を過ごしていると、35歳を過ぎてからどんどん太って見た目が悪くなってしまいます。見た目が悪くなると、年収が少し高いぐらいでは女性に相手にされなくなってしまいます。さらに40歳を過ぎてくると先が見えてくる年齢になります。40代の男性は、若い女性にほとんど相手にされなくなるので、まだ相手にされる30代のうちに相手を決めてしまった方が良いでしょう。

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事